2/14はバレンタイン♪世界各国のバレンタイン事情を調査してみました♡

LIFESTYLE

バレンタインは日本特有の文化?!
バレンタインが迫っているので世界のバレンタインが気になって(笑)、調査してみました!
国によって類似点、相違点がありましたよ~♡

<世界のバレンタイン事情> まずは日本!

まずは、比較対象である日本のバレンタインデーを振り返ってみましょう!

バレンタインデーは女子が気になる人や彼氏に手作りチョコをプレゼントする日♡
また、日ごろお世話になっている人や友達にも、手作りチョコもしくは購入した義理チョコをプレゼントする日ですよね♡

主にプレゼントをするのはチョコレートですが、ケーキやクッキー、お菓子もプレゼントすることがあります。
そしてもらった人は、次月のホワイトデーにクッキーやあめなどでお返しをします。

メインは「好きな人のための日」ですが、それ以外の人にもプレゼントをするなど、バレンタインデーは「みんなで楽しむ日」っていうイメージですよね♪

<バレンタイン事情> アメリカ

アメリカは日本のようにバレンタインデーをみんなで楽しみません!
男性が意中の女性にのみプレゼントを贈る日としています。

だからプレゼントは、チョコのほかにもアクセサリーやぬいぐるみを用意しているみたい。
そして、カップルにとって特別な日であるためレストランを予約する人も多いのだとか。
ちなみにアメリカにホワイトデーは存在しません!

う~ん。日本でいうとクリスマスイヴのような日ということでしょうか!
アメリカではバレンタインデーは本当に「カップルのための日」。
日本とは逆で、「男性が女性に想いを伝える日」という位置づけのようです。

<バレンタイン事情> イタリア

愛の国、イタリア。
こちらの国も、基本は男性が意中の女性にプレゼントを贈る日とされています。

プレゼントは赤いバラ(イタリアらしいですよね)やアクセサリー、チョコだそうです。
しかし!!ここは情熱的な愛の国イタリア。
女性も「大切な人にプレゼントをしたい!」と考えている人が多いため、プレゼント交換をしているそうです。
また、イタリアにもアメリカと同様ホワイトデーはないです。

さすが、イタリア。大切な人のことを想ったらプレゼント交換をする。
とても素敵です☆

<バレンタイン事情> オーストラリア

南半球、日本と季節が逆のオーストラリア。
真夏のバレンタインはいったいどうなっているのでしょうか?

オーストラリアでもやはり、男性が愛の告白をする日とされています。
プレゼントは、主にカードや花束を渡すようです。
チョコは溶けやすいからプレゼント候補から外れているのかも(笑)

最近はもっぱらメールやLINEが主流なので、カードで想いを伝えられたらロマンチックでうっとりしちゃいますよね。

オーストラリアは真夏で燃え上がっているバレンタインデーのためか、必ずしも男性だけが告白するのではなく、女性がカードを渡して告白することも多いようです♪

海外のバレンタインデーは「カップルのための日」であると同時に、「男性が女性に愛の告白をする日」と認識されていることがわかりました。
日本は女性主導であることを考えると、逆であることが分かります。しかしながら、「好きな人に告白する」プレゼントは主にチョコであることは世界共通のようです。しかし、なぜチョコなのでしょうか。不思議ですよね。