自分らしく生きるための秘訣♪「孤独に強い人」の特徴5つ

LIFESTYLE

社会でうまく生きていくための力・孤独力を鍛えたいなら、「孤独に強い人」を観察するのもひとつの方法!
そこで今回は、孤独に強い人の特徴をご紹介します♪

「孤独に強い人」の特徴① 心から信頼できる友達が1〜2人いる

孤独に強い人の1つ目の特徴は「心から信頼できる友達が1〜2人いる」ことです。

孤独に強い人は、友達付き合いが苦手なイメージを持たれやすいですが、狭く深く派なだけかもしれませんよ。

心から信頼できる友達は、大きな支え。
ひとりで戦わないといけないときも、大きな支えがあれば不安を乗り越えられますね♪

人脈を広げることも大切ですが……今いる友達との信頼関係を深める努力も優先したいところ。

友達との信頼関係を深めれば、お互いに強く心を支えてくれるものが得られるのではないでしょうか?

「孤独に強い人」の特徴② 経済的・精神的自立ができている

孤独に強い人の2つ目の特徴は「自立している」ことです。

孤独に強い人は、経済的自立だけでなく精神的自立もできているのが大きな特徴です。

どちらも自立するのは勇気がいることですし、なかなか難しいことだと思います。

いっぺんに経済的・精神的自立をしようとしなくていいので、少しずつ自分の力だけでできることを増やしていきたいですね!

「孤独に強い人」の特徴③ 適度な自信がある

孤独に強い人の3つ目の特徴は「適度な自信がある」ことです。

おそらく「心から信頼できる友達がいること」「経済的・精神的自立ができていること」が自信につながっているのだと思います。

自信を育てたいなら、他人で自信のなさを補うのはやめたいところ!

自信がない人ほど、むやみやたらに友達に会ったり、飲み会に参加したりしがちですよ。
心当たりはありませんか?

「孤独に強い人」の特徴④ 時間の使い方が上手

孤独に強い人の4つ目の特徴は「時間の使い方が上手」なことです。

時間の使い方をキチンと考えると、自分のためだけの時間の重要性に気づくと思うので、自然に孤独に強くなれるのかもしれませんね。

また、時間の使い方を考えると、必要な時間だけでなく無駄な時間も見つかります。

むやみやたらに友達に会ったり、飲み会に参加したりすれば「無駄な時間を使ってしまった……」と後悔することもあるでしょう。

無駄に感じたらそれを無視せずキチンと向き合うことが、時間の使い方がうまくなるための大きな1歩ですよ♪

「孤独に強い人」の特徴⑤ 人間関係のストレスの原因から目をそらさない

孤独に強い人の5つ目の特徴は「人間関係のストレスの原因から目をそらさない」ことです。

とある女性は、群れたがる同性が多い職場で働いています。
ひとりぼっちになるのが怖かったので、無理に群れに加わっていたようですが、ある日これがストレスの原因になっていることに気づいたそう。

勇気を出して群れから抜けて、“一匹オオカミ”にならないように気をつけながら仕事力・コミュニケーション力を鍛えた結果、いじめられることもなく快適な仕事環境をつくれたようです。

気づけば、ひとりぼっちに対しての恐怖感も消えていて、孤独に強くなっていたそうですよ!

「人間関係のストレスに気づく→逃げずに対処する→孤独に強くなれる」というパターンもあるのです!

人間関係のストレスの原因は、ひとりぼっちに対しての恐怖感が生み出しているのかもしれませんね。

「孤独に強い人」の特徴を探ってみました。
孤独に強い人は「自分で考える→行動に移す」という当たり前にできそうでできないことを、キチンとやれているようですね。
ひとりの時間は成長するために必要なもの。
今度のおやすみは、自分と向き合う日にしてみてはいかがでしょう?