かわいい後輩だから、信頼関係も築きたい♡「先輩力」の磨き方って?

LIFESTYLE

後輩と仲良くすることは、仕事をうまく回す為にもある程度必要になってきますよね。
ですが、上下関係を保てずただの友達になってしまい逆効果……ということもあります。
今回は、後輩との上手な接し方をご紹介☆

後輩と良い関係を築くために!先輩力を磨く方法①▶︎挨拶は必ず交わす

仲良くなって馴れ合ってくると、挨拶をおろそかにしてしまいがちです。
「おはよう」「おはようございます」などの挨拶をしっかり交わし、コミュニケーションを取りましょう!

もちろん上下関係はしっかり保ち、後輩は先輩に対して敬語は絶対です。
仲が良いからといって言葉遣いも友達のようにしてしまっては、仕事をする上では支障が出てきてしまいます。

後輩と良い関係を築くために!先輩力を磨く方法②▶︎特別扱いはしない

たとえば後輩が何人かいる中で、1人の子と仲良くなったとしてもその子だけを特別扱いするのは、やめましょう。

特別扱いは仕事中でも、プライベートでも避けたいことです。

「あの子ばっかり」になってしまうと、当たり前ですが後輩同士の仲も悪くなってしまいますよね。後輩が何人かいるならば平等に接し、仕事をうまく回せるようにするのも先輩の役目です。

後輩と良い関係を築くために!先輩力を磨く方法③▶︎先輩だからと言って偉そうにしない

「先輩だから」という先輩の権限を使って、仕事以外のことで偉そうにするのはやめましょう。

先輩、後輩の関係で仲良くなってきたから先輩の威厳を……!という行動に出る人もいるのですが、どうやら後輩からするとそれは益々馴れ合ってしまう原因になってしまうようです。

偉そうにするのではなく、普段から先輩の立場を守って指導出来るとより良い関係が築けるでしょう。

後輩と良い関係を築くために!先輩力を磨く方法④▶︎嫌われることを恐れない

仲良くなってくると、指摘したり怒ったりした場合に嫌われることを考えてしまいがちです。

後輩に嫌われることを恐れていては、先輩としての仕事は務まりませんよ。

たとえ、指摘しても怒ってもその後にフォローをしっかり出来ていれば後輩も尊敬の気持ちが生まれるでしょう。
先輩、後輩関係において尊敬されると仕事をする上でとてもいいパートナー、戦力になります。

なかなか難しい先輩、後輩の関係。
職場の後輩でなければもっと気楽に考えられることも、仕事が絡んでくるとそうもいきませんよね!
全ては仕事のためです。良い関係を築いて、良い仕事をしましょうね♡