普通にしていても怖く見られる……「目つきが悪い」を直す方法

BEAUTY

自分は普通に接しているつもりなのに、目つきが悪いと言われた経験はありませんか?

目つきが悪いと相手に悪い印象を与えてしまいます。
印象を良くしたいという皆さんに、悪い目つきを直す方法をご紹介します!

「目つきが悪い」と思わせる原因

出典:www.foxnews.com

目つきが悪い、とはどういった状態の目を指すかというと、まぶたが強調されている状態と言えます。

目を大きく見開いてはいない状態で、瞳が細く、相手からは黒目の上部がまぶたで切り取られ、きれいな円ではなく、お茶碗のような円形に見えます。
これは相手を睨んでいる時や、機嫌が悪い時、相手に嫌な印象を持っている時の目と同じ形をしています。

大きく目を見開いた状態では、目つきが悪いと言われることはおそらくないでしょう。
目つきが悪い状態には、まぶたの状態が大きく関係していると言えます。

また、目つきが悪い、顔が怖いと言われるのは、目の部分だけが要因ではないことも多いです。
多くは顔全体の印象から判断されています。

目の部分に特に意識がいきがちですが、顔全体の表情を柔らかくすることも大事です。
まずはまぶたなど目つきが悪いことを改善すると同時に、顔の表情全体を柔らかくするように意識すると、状況は大きく改善されていきます。

男女ともに目つきの悪さに悩んでいる

他人にはその人の感情や内面が今どのような状態であるかはわからないので、外見で判断される場面がほとんどであると言えます。
ご自身が誰か他の方を見る時もそうではないでしょうか?

つまり、相手に悪い印象を与えたくないのであれば、自分が機嫌が悪い時でも、周囲に対して、意識して良い表情を作る必要があると言えます。

目つきが悪いと男女問わず悪い印象を抱かれてしまいます。
人は第一印象だけでも性格などまで判断してしまうこともあるので、顔が怖いだけで性格まで悪いと決めつけてしまう人もいるので、注意したいですね。

もし内面の状態が顔に出やすく目つきが悪くなってしまうのであれば、難しい事ではありますが、感情をコントロールすることで改善した方がよいでしょう。

内面とは関係なく、生まれつき睨んでいるような目つきであったり、元気のない目つきであったりする方は、改善方法を研究して、印象を良くしていきましょう!

目つきが悪いイメージを直す方法①垂れ目メイク

出典:youqueen.com

相手を睨んでいるような印象を与えてしまう目つきの悪さを改善するには、反対に相手に安心感を与えられる印象を持つ、垂れ目を意識したアイメイクをしてみる、という方法があります。

アイシャドウは、ブラウンやゴールドなど、温かみのあるカラーをおすすめします。
上まぶたはシンプルに、下まぶたを凝ったメイクにしていきます。
目尻側のくの字の部分に濃いダークブラウンのアイシャドウを入れましょう。
下まぶたには広めにダークカラーを入れていくと、よりたれ目っぽく見えますよ!

次にアイラインですが、まず目頭から目尻まで、細くラインを引いて、目尻は少しはみ出すくらいまで描きます。
目尻のラインにできる隙間は、三角の形に埋め、垂れ目を強調しましょう。

毎日のメイクをちょっと変えるだけでも柔らかい印象にチェンジできて、とっても手軽な方法です。

目つきが悪いイメージを直す方法②伊達眼鏡

出典:www.cardycareercoaching.com

目つきの悪さを根本から改善するには、ある程度努力や時間が必要となります。
とにかくすぐにでも対処できる方法として、伊達眼鏡をかけるという方法も効果的です。

目が悪くなくてもかけられる伊達眼鏡が、今ではたくさん販売されています。
伊達眼鏡をファッションとして、既に取り入れている方も多いのではないでしょうか。

伊達眼鏡をかけることによって、目つきの悪さが軽減されて見える効果があり、さらに丸みを帯びたフレームで、ご自身にあったものをかければ、柔らかい印象が増します。

男性やメイクをしない女性は、先ほどご紹介した垂れ目メイクなどはできないかと思いますので、伊達眼鏡の活用する方法は手っ取り早くておすすめです。
 

目つきが悪いイメージを直す方法③口角を上げる

出典:www.youbeauty.com

目つきの悪さや顔の怖さは、実は目など一部分だけで決まるのではなく、顔全体の印象で判断されることが多いです。

口角が上がっている時は笑っている時なので、そんな笑顔の相手に対して悪い印象を持つことはほとんどないのではないでしょうか?

日々常に笑顔でいるのが理想ですが、難しい方は口角を少し上げるだけでも大きく印象が変わります。

口角を上げる際には顔の筋肉を使うので、普段からあまり笑わなかったり、無表情だったりする方には簡単ではありません。
口角上げトレーニングには、口を「い」と「う」の形に交互にする、という簡単なものから、割り箸をくわえるというもの、顔全体の表情筋を緩めて鍛えるというものや専用器具を使うものまで、様々な方法があります。

明るい印象を与えられる表情ですので、常に口角を上げることを意識しておくだけでも違いが出るでしょう。

目つきが悪いイメージを直す方法④カラーコンタクトに頼る

出典:www.uniqso.com

カラーコンタクトレンズをすると、瞳が大きくなって優しい印象を与えることができます。
特に三白眼(さんぱくがん)と呼ばれ、虹彩という黒目部分が比較的小さく、白目部分の面積が多い目をしている方にはおすすめです。

黒目が大きくなり、くりっとした丸い印象がでてくるので、白目がちで睨んでいるかのようであった目の印象を一気に変えることができます。

目の悪い方は度つきレンズを選べばよいですし、度無しレンズもありますので、どんな方でも利用していただけます。

また、フチの輪郭部分だけが黒く、黒目を大きくする目的のサークルレンズでもよいでしょう。

カラコンにもサークルレンズにも色々なタイプがあり、色のついている直径が商品によって違うので、自分の目の直径も考えて、不自然になりすぎないレンズを選びましょう!

悪い目つきを直す方法①姿勢やあごの位置に気をつける

出典:womeniwanttogrowoldwith.com

目つきが悪い人には特徴がいくつかあり、その一つとして「人と話す時に相手とまっすぐ向き合わない」という特徴があります。
斜めに構えていて、横目づかいで相手を見て話してしまうと、「目つきが悪い」という印象を相手に抱かせてしまいます。

このような「横目づかい」を改めるには話をする時、相手と正対すればいいだけです。

また、もう一つのポイントとしては「ほんの少しでも、あごを上げ気味にする」ということが挙げられます。
あごを引いて人と話すと、上目遣いになってしまい、相手を睨んでいるかのような印象の目になってしまいます。

ここであごを上げすぎてしまうと、今度は「上から目線」の印象になってしまいます。
あくまでも「少しだけ上げ気味」に意識を持ちましょう。

人から声をかけられた際も、目だけではなく、顔全体を相手の方に向けて答えるようにすれば、目つきの悪い印象が改善されます。

悪い目つきを直す方法②眼輪筋を鍛える

出典:peaceworkconsultants.wordpress.com

目つきが悪いと言われてしまう方には切れ長の目でいらっしゃる方が多く、目の鋭さが悪印象につながる要因となっています。
一方で柔らかい印象を持たれる方の目は、丸みを帯びている場合が多いようです。

目の形は生まれつきでどうすることもできない、と思われがちですが、眼輪筋という筋肉を動かすことで、目の印象を改善することができます。

眼輪筋を動かすエクササイズ方法をご紹介します!

①まず、人差し指で両目の外側を引っ張って、5秒間目を閉じた後、ゆっくりと目を開けます。
②次に人差し指で目尻の上を押さえ、斜め上の方向へと引っ張り、5秒間目を閉じます。
③そのまま目尻の下の部分を人差し指で押さえ、斜め下の方向へと引っ張り、5秒間目を閉じます。

①~③の手順を5セット繰り返します。

目の形を変えるというよりは、表情豊かにするエクササイズとなっていて、定期的に行うことで表情豊かな明るい印象が作られていきます。

悪い目つきを直す方法③目の疲れをマッサージで癒す

出典:www.eyedoctorguide.com

目が疲れているとクマができてしまったり、目元に疲れた印象がみえたりしてしまいます。
そうなると、顔全体に暗い印象を抱かれ、目つきが悪いと思われる要因につながっていきます。

そこで目の疲れを取るケア方法をご紹介します!

①まず、目をつぶって、まぶたの上に三指(人差し指・中指・薬指)を軽く触れるぐらいに置きます。

②次に三指を使ってまぶた全体、なるべく黒目の部分を避けるようにして、軽くマッサージするようにさすっていきます。
 この動作を上下左右、10回ずつ回すようにさすっていきます。
 この時、目は押さないように注意しましょう。
③②が終わった後、深呼吸をして終了です。

目の周りはデリケートな部分ですので、強く押しすぎてしまうと、皮膚が薄くなり、余計にクマが目立ってしまうこともあります。
加減して優しい力でマッサージしましょう。

悩んでいるなら専門クリニックや美容外科クリニックに相談する

出典:www.gorodrus.com

目つきが悪い原因に視力が悪いので、目を細めがちになる、と言う方もいらっしゃるかと思います。
そのような方は、視力が低下しているとわかったら、眼鏡やコンタクトレンズを使って矯正することで、目つきも元に戻って、問題なく過ごすことができるでしょう。

視力は年々低下してしまうこともあるので、目つきが悪くなっている原因として考えられるのであれば、眼科で視力検査を受けたり、受けなおしたりしてみると良いでしょう。

また、三白眼など生まれつきの目やまぶたの形を変えるには、美容外科に相談するという方法もあります。有名な美容外科としては、下記があります。

◎大塚美容形成外科・歯科
 東京の大塚本院をはじめとして、札幌から京都まで全国に7院あり、信頼と実績があるクリニックです。
 男性向けサイトもあり、目つきの悪さの改善症例が男女ともに紹介されています。

◎湘南美容外科クリニック
 日本全国に40以上もクリニックを持ち、TVCMや雑誌などの露出も多く、有名なクリニックです。
 無料カウンセリングで気軽に相談しやすい環境下にあります。

目つきの悪さが自分ではどうすることもできず、悩んでいる方も多いかもしれません。

ですがちょっとした工夫をするだけでも明るい印象を与えて、「睨んでる」と言われなくなる可能性もあります。
ご紹介した方法をぜひお試しください!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。