脚痩せにも効果的!湯たんぽダイエット

BEAUTY

冬はダイエッターにとって辛い季節。
気温が低く、ちょっとしたことで体が冷えてしまうため、基礎代謝も下がって脂肪が燃えにくくなってしまっているんです……。
つまり、冬のダイエットを成功させるためには、体を温めることが最重要!そこで一役買ってくれるのが「湯たんぽ」なんです♡

浅見朋香
浅見朋香
2016.01.25

湯たんぽダイエットって?

冬の寒さで基礎代謝が下がると、脂肪が燃えにくいだけでなく、体の水分の代謝がうまくいかずにむくみがちにもなってしまいます。

そこで、効率的に体をしっかりと温めるために、ぜひとも使って欲しいのが「湯たんぽ」。
湯たんぽは、当てた場所をじんわりと温めてくれる効果があり、ホッカイロよりも熱量があるので効果的に芯から温めることができます♪

体に湯たんぽを当てることによって血流が良くなり、温められた血が全身を循環するので、体温が上がって基礎代謝が上がるんですよ♡
さらに、温めた箇所の部分痩せも狙えちゃうんだとか……!

湯たんぽで温める場所って?

湯たんぽを当てると良い部分は5箇所↓
①二の腕……太い血管が通っている場所。
②お腹……臓器がある場所。
③腰……こちらも臓器に近い場所。
④お尻……腸腰筋という大きな筋肉がある場所。
⑤太もも……太い血管が通っている場所。

この5箇所を湯たんぽでしっかりと温めると、体全体や末端部分までもがぽかぽかと温かくなるんです♪
さらに、この部分は脂肪のつきやすい箇所でもあるので、温めることで、ついてしまった脂肪を燃焼する手助けをしてくれます!

湯たんぽダイエットの活用法①▷お風呂に入る前に温めてさらに代謝UP☆

湯たんぽで体を温める「湯たんぽダイエット」は、冷えが気になる朝や、テレビを見ている間、夜寝る前など、気づいた時にこまめにやると◎。

さらに、ダイエッターにぜひとも試して欲しいのが、「お風呂に入る前」に湯たんぽで温めること!
実は、体が冷え切った状態でお風呂に入ると、体感として“温かい”と感じていても、体の芯まではうまく温まっていないことが多いんだそう。
そこで、体をまず湯たんぽで温めてから入ると、すぐに全身がしっかりと温まり、汗もかきやすくなります♡

お風呂の中で、ストレッチやマッサージをしている人は、今日から気になる部分を重点的に温めてから行うと、効果も出やすくなりますよ!

湯たんぽダイエットの活用法②▷脚痩せを狙うなら太ももに挟んで♪

さらに、湯たんぽで脚やせまで狙えちゃうんです♪

脚を太くする原因の大半を占めるのはむくみ!
太ももには太い血管が通っているので、湯たんぽを太ももに乗せてその血管をしっかりと温めることで、脚全体の血液循環が良くなり、むくみを解消してくれます♡

座っている太ももに置いてしばらく経ったら、今度は太ももの間に挟みましょう。
太ももの内側には「内転筋」という筋肉があり、ここを鍛えることで、リンパの流れを良くして骨盤も整え、セルライトがつきにくくなります。
内転筋を意識して、太ももの間に入れた湯たんぽをぐっと挟むようにすると、温め&内転筋が鍛えられ、すっきり美脚を手に入れられますよ♡

いかがでしたか?温めるだけで代謝がアップして、痩せやすい体になれるのは嬉しいですよね!
湯たんぽで体を温めることで得られる効果は、このほかにも便秘解消や血圧の安定、生理痛改善など良いことばかり♡
ぜひ試してみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。