女子校育ちの女性の特徴&上手く付き合うコツ♡敵に回すと怖い!?

LOVE

女子校育ちの女性は、どこか特徴的で話しているとヒヤっとする言葉を言う場面もあったり。
女子校は女子の園だけであって、いろいろと大変なご様子。
その中で過ごしてきた女性と友人なら、お付き合いは慎重になる必要があるかも?

そこで今回は、女子校育ちの女性の特徴&上手く付き合うコツをご紹介いたします。

女子校育ちの女性の特徴①粘着気質の人が多い……!?

女子校育ちの女性は、“なんでもあり”の女子しかいない環境を経験しているので、女性に対して遠慮がありません。
中学・高校時代は特に、集団行動が求められ、教室の中に派閥がありどこかに入っていないと、毎日過ごすのもなかなか大変な状況だったでしょう。

ちょっとでも友達と喧嘩をすると、知らぬ間に悪口を言われていたり。
どうしても、女性が集まっている環境は独特で、いつの間にか関係に違和感が生まれてしまうことがありますよね。

ですが、女子校育ちの女性だからといって、全員が粘着気質とはいえません。
ただし、どちらかというと、大人になっても親友を囲い込み仲良しごっこをしていたり、20代になっても喧嘩が勃発していたりと、じとじとタイプの女性のほうが多いでしょう。

どこか発言が軽いように感じていたり、粘着質な部分を感じているなら、その友人は女子校出身かも!?

女子校育ちの女性の特徴②大人になっても親友ごっこが続いている

大人になると、それぞれの世界ができ、毎日友達にべったりということもなくなってきます。
特に女性の場合、結婚・出産・キャリアと、それぞれが選ぶ道によって付き合うべき友人も変わり、どんな人とも一定の距離を置きたくなるタイミングがあるかもしれません……。

しかし、女子校出身の女性は、長い間女子の園にいたせいか、大人になっても親友ごっこを続けていることが多いようです。
20代後半にもなって「○○ちゃん大好き!」と言っているなら、よほど女子っぽい性格なのか、もしくは女子校出身者な可能性が高いでしょう。

女子校育ちの女性と上手く付き合うコツ▶︎信頼できる人でも余計な話はしない

女子校出身の女性と聞いただけで身構える必要はありませんが、どんなに信頼できる相手だと思えても、余計な話はしないことが吉です。

たとえば、「彼氏と別れた」「仕事を辞めたい」など、マイナスな内容の話ほど、勝手に言いふらされたりするもの。

彼女だけに伝えたはずの話が、いつの間にか他の人にも漏れ伝わっているなら危険信号です。
その女性に対しては口を堅く閉ざし、余計な話はしないほうが安全です。

女子校育ちの女性と上手く付き合うコツ▶︎彼女より目立とうとしない

シングルでいる分には、自分が関わりたくない人とは関わらなくていいだけの話。
ですが、子どもを産むとそういうわけにはいきませんね。

女子校育ちの女性たちと「ママ友」にならなければいけない瞬間がくるかもしれません。

女子校育ちの女性とママ友になる時のポイントは、彼女たちよりも目立とうとしないこと。
たとえあなたがキャリア的に成功していたとしても、一切自慢せずに、相手の女性をよいしょしておくことが大切。

彼女たちより目立とうとすればするほど、ママ友コミュ二ティの中で潰される可能性が高くなってしまうでしょう。

いかがでしたか?
女子校育ちだから、という偏見をもつ必要はないものの、実際に危険なニオイを放っている女性もたくさんいますよね。
人間関係のトラブルほど疲れるものはありません。
適度な距離を保ちつつ、巻き込まれないように気をつけてくださいね♡