家で作業するときに役立つ!仕事や勉強の切り上げ方&コツ

LIFESTYLE

フリーランスや持ち帰った仕事を抱えがちな方は、家で作業をする機会も多いと思います。
職場以上に家で仕事をするなら、自分でメリハリをつける必要があるでしょう。
そこで今回は、家で作業や勉強をするときに役立つ「仕事や勉強の切り上げ方&コツ」をご紹介します!

切り上げ上手になる秘訣は、計画の立て方にあり!

職場でも家でも作業計画を立てるとき、「予想外のことが起きるのを前提にした計画の立て方」を選びたいところ。

予想外のことが起きたときのための時間も計画に入れておかないと、トラブルが発生すれば「どうしよう、予定通りに仕事が終わらない……」なんて展開になってしまいそう。
ストレスを抱えて悪循環に陥ることもあります。

もしくは、「今日は最低限ここまでやれば良し」と無理のない予定を立てて、臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

これが、切り上げ上手になる最初の一歩ですよ♪

仕事や勉強の切り上げ方:時間を決めて切り上げる

仕事や勉強の切り上げ方は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、「時間を決めて切り上げる」。

プレッシャーに弱い自覚があるなら、15時には終えられそうな仕事も「16時くらいまでやろう」と、30分〜1時間程度余裕を作ると◎

余裕を作りすぎると、ダラダラ作業になってしまうので、適度な時間設定をしてくださいね!

仕事や勉強の切り上げ方:作業範囲を決めて切り上げる

仕事や勉強の切り上げ方2つ目は、「作業範囲を決めて切り上げる」。

個人的にプレッシャーに弱いなら、時間を決めて仕事をするより、作業範囲を決めて仕事をするほうがいいと思います。

「今日はこの作業とあの作業をやろう」と、2〜3つくらいやることを見つけて、適度な危機感を持てる状況を作ると◎
3つくらいの作業を無事に終えれば、達成感にもつながるでしょう!

仕事や勉強を上手に切り上げるコツ:体や心のコンディションに目を向ける

仕事や勉強を上手に切り上げるコツは、「その日の体や心のコンディションにきちんと目を向けること」。

週5日働くとして、毎日体も心も理想的な状態というのは、なかなか難しいと思います。
作業中に「なんか体がダルいな」「ネガティブな気持ちでいっぱいだな」なんて思ったなら、計画を変えて最低限の仕事をこなせば、その日は合格です!

「体や心の不調に気づいたらなるべく早く対処して、明日以降の仕事力アップにつなげるのが正しい選択」だと、頭の片隅に置いておいてくださいね。

仕事や勉強を上手に切り上げるコツ:少しキリの悪いところでやめる

仕事や勉強を上手に切り上げるコツは、「少しキリの悪いところでやめること」。

特に、“お昼を食べて午後からまた残りの作業をやる”ような一時的に中断する状況なら、キリのいいところでやめないほうがいいですよ。

少しキリの悪いところで作業を切り上げると、仕事の続きが気になり、早く作業に取り掛かりたくなると思います。

また、家で作業をしている状況なら、早く続きをやりたいからと、テキパキ料理を作って、洗い物をして……と家事スピードもアップ!
仕事も家事も効率化を図れて、一石二鳥ですね!

この際、“憂鬱に感じるような難しい作業”を残すのではなく、“慣れている楽しさを感じるような作業”を残すようにしてくださいね。
そうすれば、ますます早く続きがやりたくなると思いますよ♪

「仕事や勉強の切り上げ方」をご紹介しました。
家で仕事をすると誘惑が多いので、時間だけが過ぎてしまうこともあると思います。
これを回避するためにも、自分に合った作業の進め方・切り上げ方を探す時間も作ってくださいね!