頭を柔らかくするためのカギとは♪人生が上手くいく5つの方法を実践!

LIFESTYLE

あなたは頭が固いですか?柔らかいですか?
頭が柔らかいとすぐにアイデアが浮かんだり、嫌なことをサラッと受け流すことができるので、人生の波に上手く乗ることができます。
ここでは、頭が固い人の特徴、そして頭を柔らかくする方法をご紹介します。

頭が固い人の特徴① 臨機応変に対応できない

今のやり方が通用しない時が、いつかやって来ます。
それでも今のやり方にこだわるのなら、社会から置いていかれるかもしれません。

つまり、一つの考えに固執しすぎると、時代の波に乗れないのです。

頭が固い人の特徴② 武器が自分の経験のみ

武器が自分の経験のみ、という人は意外と多いです。

確かに経験はこれからの人生の選択や、なにかに挑戦する時の武器になりますが、自分の経験のみでは武器のレパートリーが少なすぎます。

頭が柔らかい人は、他人の意見や考えも、自分の人生の武器にします。

頭が固い人の特徴③ 流行や新しいものを否定する

上記2つのことにも言えることですが、流行や新しいものを否定してばかりいると、人生の波には絶対乗れません。

最近、スマートフォン向けのアプリゲームが話題を呼んでいますよね。

それを「否定し粗探しをするだけの人」と、「一度肯定し、そこからメリット・デメリットを探しビジネスチャンスに繋げる人」とでは、どちらが頭が固いか柔らかいかは言うまでもありませんよね。

頭を柔らかくする方法① アイデアは考えるのではなく出す

ここからは、頭を柔らかくする方法をご紹介します。

アイデアが欲しい時は、一度頭を空っぽにしましょう。

頭が固い人はアイデアを“考えよう”としますが、頭が柔らかい人は「無」の状態からアイデアを“出す”んです。

最初は難しいかもしれませんが、考えるのをやめてボーッとすることから始めてみてください。

頭を柔らかくする方法② 二つ以上答えを探す

二つ以上のアイデアや答えを探すクセを身につけましょう。

これができるようになると、一つの考えに固執しなくなり、また、「自分はこういう人間だ!」と決めつけるようなことも減ります。

一つの考えに固執する人は、正しい答えを見つけようと頑張りすぎなのかもしれません。
しかし、正しい答えを求め過ぎると動きが鈍くなり、可能性を狭めます。

そもそも、正しい答えなんてものはありません。

頭を柔らかくする方法③ “普通”を捨て“違い”を楽しむ

「普通」をやめる勇気を持ってください。

「普通はこうだよね」など、普通に縛られていては、頭は固いままです。
それに、あなたの普通がみんなの普通とは限りません。

また、普通に縛られ続けると、自分が基準になりがちなので、自分と似たようなタイプの人を好むようになり、人間関係を豊かにすることができなくなる可能性があります。

普通を捨てる代わりに「違い」を楽しみましょう。
これは成功者の考え方のひとつでもあります。

頭を柔らかくする方法④ 流れを大事にする

頭が柔らかい人は流れを大事にします。

流れが良い時は自分に少し厳しくし、流れが悪い時は自分を少し甘やかす。流れが悪い時は、部屋の掃除をするのも良いでしょう。

また、流れに逆らうと間違った方向に進んでしまう場合があります。
流れに身を任せるのが一番なのかもしれませんね。

頭を柔らかくする方法⑤ 楽しければオッケー精神で過ごす

頭が固い人は、完璧主義なのかもしれません。

このタイプの人は納得いく答えを見つけるのではなく、楽しければオッケー精神で過ごすくらいがちょうど良いと思います。

頭を柔らかくする方法⑥ ボキャブラリーを増やす

色んな言葉を使ってみてください。
ボキャブラリーが増えると、発想力・表現力が豊かになります。

また、頭が柔らかい人にはユーモアがありますが、そのユーモアセンスも磨かれます。

つまり、ユーモアは知性から生まれるのです。

頭を柔らかくする方法⑦ 絵や図を使って物事を考える

頭が柔らかい人は言葉だけでなく、絵や図を使って物事を考えます。

数学のテストを思い出してください。
問題文に図がある方がわかりやすく、またやる気も出ますよね。

つまり、絵や図を使って考えると、今までは見えなかったものが見えるのです。

頭が固い人は心も硬くなるようです。
頭を柔らかくしないと、損をすることが増えてしまいますよ!