あの子よりもかわいく写る♡盛り写メが撮れる4つのあざといテク

LIFESTYLE

暖かくなるに連れて、お外に出るのも楽しくなってきますよね!
いろいろなイベントに参加する機会も増えるかと思います。
その時にみんなで撮った写真って、SNSにアップされることも多いはず!
今回はそのことを想定して、友達よりも少しだけ可愛く写れるコツを教えちゃいます♡

友達よりも可愛く見える写メの撮り方① 効き顔のポジショニング

ほとんどの人は顔に左右差があるので、左右で可愛く見えるほうとあまり可愛く見えないほうがあるのは知っていましたか?

なんとなくうまく写メ撮れた時って、だいたい自分の効き顔の方だったことが多いはずです!なので、まずは自分の効き顔が左右のどちらかを把握しておきましょう♪

また、写真を撮る際にはさりげなく移動して、自分の得意な方向から写真に写っちゃいましょう♡

もし、どうしても移動できない時は、体の向きを変えたり顔をかしげて調節するのもおすすめです!まずは自分の盛れるポジションを事前にチェックしておくのがポイントですよ!

友達よりも可愛く見える写メの撮り方② 小物を使う

友達と写真を撮る時って、カフェなどのお店が多いと思うのですが、そんな時は普通に写メを撮るのではなく身の回りにあるものを利用しちゃいましょう♡

例えば、コーヒーカップや飲み物のグラスなどを顔の前に寄せるなど、大きいものを顔に近づける事によって目の錯覚で小顔に見えちゃうんです!

他にもプレゼントをもらった時は、プレゼントをアピールしつつ、自分のアゴの下を隠してみましょう。顔を少し隠すことで、顔が小さくなって大分可愛く見えちゃいますよ♪

友達よりも可愛く見える写メの撮り方③ 両手で虫歯ポーズ

一時期流行った「虫歯ポーズ」ですが、あまりに浸透しすぎて自撮りで使っている子は減ってきましたよね。

自撮りではあざとすぎますが、みんなで撮る時なら大丈夫!
効き顔のポジショニングもできなくて、小物がなかったらあえてみんなの中心に行って両手で虫歯ポーズをしちゃいましょう♡

これならそこまでイヤラシくないし、真ん中ですることによって、あたかもアナタがメインのように見えるんです♪

友達よりも可愛く見える写メの撮り方④ あえて見切れる

みんなで写真を撮るってことは、誰かがシャッターを押すという事ですよね。

店員さんや、他人に撮ってもらうなら別ですが、手間になってしまうので自撮りが多くなると思います。そしてアナタがシャッターを押すことだってあるはずですが、それって誰よりも顔が大きく見えてしまうので、のんきに引き受けてしまうのはNG!

そんな時は、シャッターが押しやすいように1番左か右に寄って自分を頬を少し切ってしまいましょう。

写りが悪くなってしまうのでは?と不安になってしまう方もいるかもしれませんが、ここはあえて謙虚な自分を演出してください。

頬が少し切れていることによって、ハンデがあるわりには可愛く写れているってことで、またポイントが上がっちゃいますよ♡

せっかく思い出に残るものなら可愛い自分でいたいですよね♡
女子って友達よりも可愛くいたいと思うのが当たり前なので、恥ずかしいなんて思う事はないですよ!
写真でもお友達と差をつけちゃいましょう!