美しい鼻は切らずに手に入る!学生でも気軽に出来る“鼻整形”とは

BEAUTY

日本人は団子鼻と呼ばれる丸い鼻を持っている人が多いので、シュッと整った鼻筋に憧れる人も多いのでは?
綺麗な鼻は、切らない鼻整形手術で手に入るんです!
切らないからこそ気軽に出来る、学生さんにも敷居の低い美容整形です。

切らない鼻整形①ヒアルロン酸注射

低い鼻や鷲鼻、鼻筋が平らな丸い鼻や、大きめの鼻の穴など、鼻に関する悩みを持っている人は本当に多いものです。
逆に言うと完璧な鼻を持っている人は、本当にごくわずかに感じますよね。

理想の鼻を手に入れるための鼻整形はたくさんあります。
中でも、切らずにできる鼻整形というとヒアルロン酸が有名です。

ヒアルロン酸を鼻根部に注入して形を整え、ぼやっとした鼻筋を目立たせることによってスッと鼻筋の通った美鼻にする方法です。

施術時間 : 約15分
効果持続期間 : 約1年
費用 : 5万円前後
ダウンタイム : ほぼ無し

鼻整形のヒアルロン酸注射のメリット
✔元々体内に存在する成分を使用するのでアレルギーの心配がない
✔術後すぐにメイクが出来る
✔腫れなどのダウンタイムが生じにくい
✔料金が手頃

切らない鼻整形②ループ法

切らずにできる鼻整形には「ループ法」もあります。
ループ法は、左右の小鼻を糸でキュッと結び小鼻をスリムにする方法。
鼻先がツンと尖るので、団子鼻の修正にも使われます。

吸収性の糸を使用するので、持続期間は1年程と言われています。

施術時間 : 約30分
効果持続期間 : 約1年
費用 : 20万円前後
ダウンタイム : 2週間程度

ループ法のメリット
✔小鼻の広がりを狭くしてくれるので鼻の穴の形が整う

切らない鼻整形③切らない鼻中隔延長

「切らない鼻中隔延長手術」とは、メスを使わずに糸を使って団子鼻を解消するプチ鼻整形です。
鼻先から吸収性の糸を挿入し、鼻筋をスッと目立たせたりツンと尖った鼻先を作ります。

施術時間 : 約15分
効果持続期間 : 約1年
費用 : 7〜10万円前後
ダウンタイム : 1週間程度

切らない鼻中隔延長のメリット
✔鼻先の向きや高さなどの細かい調整が可能
✔次の日からメイク可能
✔施術後腫れることはあまりない

切らない鼻整形のデメリットとは?

切らずにできる鼻整形のメリットをそれぞれお伝えしてきましたが、デメリットを知ってどの方法が合っているのか見極めることも非常に重要です。

ヒアルロン酸注射で行う鼻整形のデメリットは、
✔効果持続期間が短い
✔注入を繰り返すと鼻筋が横に広がってしまう

ループ法で行う鼻整形のデメリットは、
✔効果持続期間が極めて短い可能性がある
✔小鼻を寄せることによって唇も引っ張られてしまうことがある
✔異物を入れることにはなるので、まれにアレルギー反応が起きる場合がある


切らない鼻中隔延長のデメリットは、
✔効果持続期間が短い
✔異物を入れることにはなるので、まれにアレルギー反応が起きる場合がある

やはり切らない鼻整形だと、切る鼻整形に比べ長期に渡る効果は期待できません。
どの方法でも長く持っても1年ほどなので、美鼻を保ちたい場合は繰り返し施術を受ける必要があるかもしれません。

切らずに出来る鼻整形手術をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
やはりどの施術も効果の持続期間が短いので、メリットやデメリットを知ってしっかりと判断をしたいところです。
インターネット上には様々な体験談がありますが、一番良いのは複数のクリニックを実際に訪ねて、費用や鼻整形に関しての説明を受けること。
複数のクリニックを比べることによって、信頼できるところが見つかるはずです。