美しすぎる43歳!モデル・平子理沙さんのずぼら美容とは♡

LIFESTYLE

雑誌の美容ページやファッションページで、いつも注目を浴びている平子理沙さん。
一見20代に見えるのに、実は現在43歳という驚きの年齢!
40歳を超えているのに、なんでそんなに美しいの?平子理沙さんの美容法に迫ります♪

<平子理沙さんのずぼら美容①>美容に関してはストレスフリー!

出典:www.barbadosbeachcottages.com

平子理沙さんはボンキュッボーンと出るとこは出て、へこむところはへこんでいる完璧ボディの持ち主。
いつ雑誌でみても、マシュマロみたいに美味しそうなボディを保っていますが…美容に関しては意外とざっくり。

モデルさんといえば、体重計に毎日乗って体重調整しているイメージですが、理沙さんは「数字に興味がないから、たまーに気が向いたらのるくらい。」なんだそう。体型は見た目重視なんだって!

更に、ジムには入会したことがなく、運動は一切してこなかったとのこと。
「身体を温める、たまに伸びをする程度」の運動をしているそう。

体重計に乗ると一喜一憂してストレスが溜まったり、運動は身体を動かすのが好きじゃない子にとっては苦痛だったりしますよね。
理沙さんのように、自分が心地いい範囲内で美容を追求してもキレイになれるのです!

<平子理沙さんのずぼら美容②>元気がないときは…食べ物とカラオケ!

「元気がないときはおいしいものを食べてカラオケに行く!」と言う理沙さん。
大好きなジャスティン・ビーバーを熱唱すれば復活するんだとか。

人間ですから、いつでも元気にいれるワケありません。
そんなときも早く元気を取り戻して、周りの人たちに迷惑をかけないように、自分なりのエネルギーチャージ方法を持っておきましょう。

理沙さんは、美容だけでなくインテリアや医学・歴史などあらゆるジャンルの本を読んでいるんだそう。
本を読んで1人落ち着く時間を作るのも元気をチャージするにはいいかも♪

<平子理沙さんのずぼら美容③>計算せずに生きる!

「一般的な男ウケには一切興味がない」、「自分らしくいるためにしてることなんて考えたことない」という理沙さん。

外見から小悪魔ちっくで、発言やモテ仕草など、計算して生活していそうなイメージですが、基本的には自分が思ったように言動して、大好きな彼ウケしか意識しないんだそう。
また、自分らしいとか自分らしくないとか考えたことがないという発言からも、自分の感情や直感を大事にして生きていることがうかがえます。

モテとか自分らしさとか考えすぎずに、自分に素直に生きるのが1番なんですね♪
自分に正直に生きて嫌われたらそれはそれでしょうがないし、自分の感情を抑えて生きる女性より思いっきり笑って思いっきり泣く女性の方が魅力的です★

<平子理沙さんのずぼら美容④>自分に甘い!♡

「嫌いなことはがんばらない、好きなことはがんばる」が理沙さんのポリシー。
その分、好きなものには200%がんばるそう。
極端な性格だけど、自分の好きなことを200%頑張るってすごく素敵なこと。

「どんなに水が体にいいって聞いても得意じゃない物は無理して飲まずに、フレッシュジュースやジャスミンティー、アールグレイを飲んで水分補給をしている」という理沙さんの発言からも上記のポリシーが根付いていますね。

自分を楽しませてあげることで脳も体も心も喜びます。
理沙さんは自分を大切に出来るからこそ美しいのかも知れません。

「人に愛されるには自分を愛することから」とはよく聞く名言ですが、平子理沙さんってまさしくそういう人だなって感じました。
自分が心地よい状態で、「食べる、美容を追求する、誰かを愛する」ことが美しさの秘訣なんだと思います!