雑誌連動

引き算しつつ存在感を演出♡「大人華やかメイク」の5つのコツ

♡4MEEE magazine Vol.2 p.62〜「特別な日のヒロイン顔♡犬木愛×高橋愛」

アラサーになったら引き算メイクを覚えたいですが……華やかさは失いたくない!
そこで今回は、アラサー女性のわがままを叶える「大人華やかメイク」のコツをご紹介しますね♡

大人華やかメイクのコツ♡① ツヤ感を重視して明るさを演出する

まず顔の印象を大きく左右する肌にこだわってみましょう!
大人華やかメイクの1つめのコツは、ツヤ感を重視して明るさを演出すること。

ベースメイクに限らず、華やかさを求めるならマット系よりツヤ系のコスメがおすすめ。
ツヤ感があるだけで、顔がパッと明るくなりますよ。

けれど、マット系のコスメは秋を演出してくれるので、秋冬の季節に使いたいアイテム……。
華やかさと季節感どちらもほしいなら、セミマット系を選ぶといいでしょう♪

大人華やかメイクのコツ♡② ファンデーションの色をワントーン明るくする

大人華やかメイクの2つめのコツは、ファンデーションの色をワントーン明るくすること。

手っ取り早く華やかさを演出したいなら、いつも使っているファンデーションの色よりワントーン明るいものを使ってみましょう。
ベースコスメをワントーンアップすれば、全体が見違えるほど明るくなりますよ。

「ファンデーションをワントーン明るくしたらわざとらしいメイクになるんじゃ……」なんて思いますが、首にもキチンとメイクをすれば、不自然な印象を簡単に回避できるので安心してください!

大人華やかメイクのコツ♡③ 繊細なラメorパール感のあるハイライトを選ぶ

大人華やかメイクの3つめのコツは、繊細なラメ、もしくはパール感のあるハイライトを選ぶこと。

華やかさが欲しくなると、大粒のラメをきかせたくなりますが、大人感は出ませんね。
大人華やかに仕上げたいなら、上品な存在感が欲しいので、さりげない光で魅せましょう。

繊細なラメ、もしくはパール感のあるハイライトを目の下や鼻筋にサッと入れれば、大人の余裕も漂いますよ♪

大人華やかメイクのコツ♡④ シンプルに存在感を出す

大人華やかメイクの4つめのコツは、シンプルに存在感を出すこと。

大人華やかに仕上げたいなら、シンプルだけど視線を集めるポイントメイクを目指したいところ!
たとえば、アイメイクならアイラインを引かずに繊細なラメアイシャドウで華やかさを演出すると、大人の目元に。

また、リップメイクはほんのり色づくツヤのあるリップで濡れ唇をつくると、色っぽ華やかに♡
グロスを使うなら、テカテカなリップは痛いので……「グロスを口紅を塗る前にのせる」「唇の中央にのみのせる」ようにしてくださいね。

大人華やかメイクのコツ♡⑤ カラーメイクはワントーンでまとめるのもあり

大人華やかメイクの5つめのコツは、カラーメイクはワントーンでまとめること。

秋になると、ボルドーやダークオレンジ系のコスメを使ってカラーメイクを楽しみたくなりますね。
けれど、華やかな色を2色以上使うとうるさくなりがち……。
落ち着きを演出したいなら、アクセントカラーで使う、もしくはワントーンでまとめるのもありですよ!

赤メイクで魅せるなら、「赤味のあるブラウンアイシャドウ」「ボルドーのチーク」「ツヤ感のある赤リップ」を選んでみてください。
派手すぎず、ちょうどいい大人華やかさを演出できるはず♡
「大人華やかメイク」のコツをご紹介しました。
秋は、地味色のお洋服を着る機会が増えますよね。
メイクに大人華やかさを演出すると全体のバランスがよくなるので、これからの季節は特にチャレンジしてみてくださいね♡

【関連記事】ちょっと違う自分になる!秋にチャレンジしてみたいコスメ7選

新しい季節を迎えたとき、ファッションやメイクに変化を起こすのが楽しいですよね。そこで今...

大人華やか メイク コツ アラサー

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、WEBライター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる