あなたは大丈夫?乾燥した目に起こる「黒目の傷」の原因!

BEAUTY

お肌の乾燥に気をつかっている女の子は多いと思いますが、皆さん「目の乾燥」にはどのくらい気をつかっているでしょうか?
特にコンタクトレンズ使用者は要注意です!
今回は「目の乾燥」の恐ろしさと、「黒目の傷」の原因、対処法についてお話しします。キラキラの目を目指しましょう♪

あなたにも「黒目の傷」があるかも?!

「最近コンタクトレンズが入らないー」「目がいたーい」「なんか充血してる」なんて経験ありませんか?
それは、もしかしたら目の乾燥によって「黒目が傷ついている」可能性があります…!

乾燥の原因は様々ですが、目に違和感を感じたまま放っておくと、キケンです。
もしこの3つのどれかに当てはまっているなら、一度眼科に行って先生に診てもらいましょう。

もしかしたら黒目が傷ついちゃっているかもしれません。

乾燥注意報!「黒目の傷」の原因は?

「黒目の傷」の主な原因は、2つあります。

1.コンタクトレンズの長時間着用
コンタクトレンズ着用時は、裸眼時より目に入る酸素の量が少なくなります。
そのため長時間つけてしまうと、目が酸素不足となり乾燥してしまいます。
乾燥してしまい、水分のクッションがなくなったコンタクトレンズが、黒目を傷つけてしまうのです…。

2.まばたき不足
普通人間は1分間に平均21回まばたきをするします。
ですが、現代人はまばたきの回数が減っています。特に、スマホやPC操作が原因で、その回数はなんと21回から6回まで減ってしまうこともあるのだとか。
まばたきが減り、涙を目の表面に行き届かせるのが難しくなって、目が乾燥してしまうのです。

あなたも心当たり、ありませんか?

「黒目の傷」どう防ぐ?乾燥しないようにする方法をチェック☆

乾燥による「黒目の傷つき」は簡単に防ぐことができます。

1.目薬をさす
乾燥予防やビタミン入りなど、多種多様な目薬がありますが、まずは難しく考えず、裸眼の方は普通の目薬、コンタクトの方はコンタクト用の目薬があればOK!
「乾燥したなあ」と感じたら、まめに目薬を点眼するようにしましょう♪

2.コンタクトレンズを長時間着用しない
つけないのが一番良いのですが、コンタクト派の方はそうはいきませんよね。
なるべく短時間の着用を心がけましょう。
自宅に帰ったらすぐにはずす、目に違和感を感じたら外出先でもメガネを着用するなど、できるだけ裸眼の時間を増やしましょう!

この2つをまずは心がけてみてください♪

「黒目の傷」はちゃんとケアすれば治る!とにかく秋冬は乾燥に注意♪

「黒目の傷」は、重度でなければ自然治癒します。
裸眼の時間を増やしたり、乾燥を防ぐために目薬をさしたりするだけでも、効果絶大なのです!

秋冬は特に乾燥の季節なので、ますます黒目ケアが重要になってきます。
忙しくてついおろそかになりがちな「目のケア」。

目薬を差す、裸眼でいる時間を増やす、といった簡単なことであなたの黒目を守ることができます。
ぜひ一度、自身の生活習慣を見直して、「目」と向き合ってみてはいかがでしょうか?
目が乾燥しないように、ちょっとでも気にかけることがポイントです。

私も、コンタクトレンズを重宝してます。でも、乾燥一つで、目には大きな負担をかけてしまっているのです。
オシャレも大事だけど、自分の身体はもっと大事。
「黒目の傷」の原因を知って、しっかりと目のケアをしていきましょう♪