雑誌連動

彼とのお泊りでもオドオドしない♪すっぴんぽく見えるメークって?

♡4MEEE magazine Vol.1 p.108〜「すっぴん美人風メイク」

まだ付き合いたての彼にはすっぴんを公開するのは無理!という人は意外と多いのではないでしょうか?
だけどがっつりメイクしたまま寝るのは肌荒れを引き起こしたり、後々スキンケアがめんどくさかったりしますよね。
そこで今回はお泊まりの時にしたいメイクや方法をご紹介していきたいと思います♪

彼とのお泊りに!すっぴん風メイク①眉ティントを仕込んでおく

wj-shop.jp

眉の太さや角度によって人の印象って全然違いますよね。
普段はメイクしているから眉を自分の思い通りにできますが、すっぴんになった時にいつもの眉とかけ離れていると彼もびっくりしてしまうはず!

そこで彼とお泊まりするなら「眉ティント」を仕込んでおくのが正解です!

Bourgeons(ブールジェオン)のアイブロウティントは美容液成分を配合しているから、メイクしながら眉をケアしてくれるんです♡

すっぴん隠し以外にも自然な眉に見せたい人や忙しい朝のメイク時間を短縮したい時にも、便利なのでゲットして損はないはず♪

ブールジェオン アイブロウティント

¥1,188

販売サイトをチェック

彼とのお泊りに!すっぴん風メイク②まつエクやまつ毛パーマをする

いつもはビューラーでまつ毛をあげてマスカラを塗りこんでいても、すっぴんになった時に目力がないのは恥ずかしいですよね。

そんな時はまつエクやまつ毛パーマをすることで、目力をアップすることができちゃいます♪

まつエクは自分でボリュームが選べるから、不自然にならないようにナチュラルに仕上げてもらうのがオススメ♡

自まつ毛はそれなりにあるけど下向きで目立たないという人は、まつ毛パーマを当てるだけで印象がグッと変わるはずですよ!

彼とのお泊りに!すっぴん風メイク③薄付きミネラルファンデーションで毛穴カバー

etvos.com

毛穴や肌のキメがどうしても気になってしまうのであれば、ミネラルファンデーションで肌の粗を隠してしまうのも一つの手!

エトヴォスのナイトミネラルファンデーションは、化粧していないようなナチュラルな仕上がりですがほんのりツヤ肌になってくれるので、すっぴんの時の肌の調子を各段にアップしてくれちゃいます♪
これならお泊まりに大活躍すること間違いなしですよね♡

また、お泊まりの時だけでなく長時間メイクが落とせない時や肌荒れが気になる人も、こちらのファンデーションなら肌に優しいので、罪悪感なくメイクを楽しむことができちゃいます!

エトヴォス ナイトミネラルファンデーション

¥2,700

販売サイトをチェック

彼とのお泊りに!すっぴん風メイク④ニキビ跡はコンシーラーで

www.24h-cosme.jp

ニキビ跡やシミが気になってしまうのであれば、コンシーラーでさりげなく隠してしまいましょう♪

24h スティックカバーファンデーションはコンシーラーとしても使用することができ、
指につけて気になる部分にポンポンとつけるだけでしっかりカバーしてくれるんだとか♡

石鹸で落とすことができ、敏感肌の人も安心して使えるように成分にこだわっているから、夜でも安心してつけることができちゃいますよ♪

24h スティックカバーファンデーション スリム 7g

¥2,484

販売サイトをチェック

彼とのお泊りに!すっぴん風メイク⑤薄付きリップで血色感を

www.cosme.com

すっぴんになった時に男性が引いてしまうポイントとして、顔の血色がないことがあげられるんです。
彼から「顔色悪くない?」と言われたらとってもショックですよね。
そんな事態にならないためには、色つきリップで血色感をプラスさせちゃいましょう♪

普段使いにもおすすめしたいのが、CANMAKE(キャンメイク)のステイオンバームルージュ。
保湿も発色も効果抜群でベタつきも少ないから、安心して付けることができますよ♡

色付きリップは他にも様々な種類があるから、自分の気に入ったものを愛用するのもいいかも♪

キャンメイク ステイオンバームルージュ / SPF11 / PA+ / T03 / 2.5g

¥626

販売サイトをチェック
いかがでしたか?
やっぱり彼にすっぴんを見せるのが恥ずかしい……という人でもすっぴん風にメイクをしちゃえば素敵なお泊まりになるはず♡
気になる方法があったらぜひチャレンジしてみてくださいね♪

【関連記事】どこまでする?“お泊まりすっぴん風メイク”の正解はコレ!

楽しみにして迎えた、彼とのお泊りデート♡お泊まりの時に“がっつりメイク”だと男ウケは悪いの...

お泊り すっぴん メイク

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

ゆり

女子大生サークルL'Allure

>もっとみる