何個も一緒に持っちゃダメ?自分で処分できる?《お守り》の疑問解決!

LIFESTYLE

初詣など神社で買ったお守り、お土産で貰ったお守り…
なんとなくポーチに入れたり、「これいつ買ったんだっけ」って思ったりした経験ありませんか?
お守りの使い方は?期限は?処分の仕方は?お守りの疑問を解決します!

楠原諒子
楠原諒子
2015.03.13

【お守りの疑問①】 使い方は?

まずはお守りの使い方。
お守りの使い方に、基本的には決まりはありません。
有名なお守りだとおすすめの使い方などがあったりもします。

お守りは、
"バッグや財布"などに入れ、いつも身につけるようにするのが
ご利益を授かるために良いと聞きます。
家では引き出しに閉まったりするよりは、
目に付く場所、なるべく高い場所に置くのが良いそうです☆

「複数のお守りを一緒にするのは、神様がケンカをする」と聞いたことありませんか?
実際はそういったことは無いそうです。
ただ、神様にも相性がある。
生前不仲の神様のお守りを、一緒にしたりするのは良くないんだとか。

【お守りの疑問②】 期限は?

お守りは一生効果があるものではありません!
一般的にお守りの効果は"1年間"。
1年で新しいものに変えていくのが理想的です。

しかし、一方で
お守りには特に期限があるわけではないという話もあります。
成就するまで持っている人も居るし、
私の場合とても効果を感じたお守りがあり、それは何年も持っています。

新しいものを購入したら、古いものは処分という方が多いです!

【お守りの疑問③】 処分方法は?

出典:omamorida.com

お守りの処分方法は、購入した神社やお寺に返すのが一般的です。
お札やお守りを納める"納札所"へ。

遠方やお土産などの場合は、郵送するという方法もあります。

また、近くの神社やお寺でも良いそうです。
神社でもらったもの→神社へ
お寺でもらったもの→お寺へ
返してください。
他の神社のものは受け取らない、という神社もあるそうです。

返納する時の"お焚き上げ料"は、金額などは決まっていませんが、
お守りと同じ金額が良いそうです。

【お守りの疑問④】 自分で処分できる?

お守りをどうしても神社などに持っていく時間がないのであれば、自分で処分することもできます。

白い半紙に包み、粗塩を少し入れて、
そのままゴミとして処分しても良いそうです。もちろん、その際感謝の気持ちを持ってください!

これはどうしても行けない、忙しい時におすすめする方法です。
やはり、神社に足を運んで返すのが良いと思います☆

わかりやすく「処分」という表現を使わせていただきました。
お守りは、勇気をくれたり私達の強い味方になってくれます。大切に使ってください!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。