プチ対策で朝から快調♪寝起きのコリを改善する方法&ストレッチ

BEAUTY

「朝起きると体が痛い」「体の痛みによって起きることがある」など、寝起きのコリに悩む女性が多くいます。
その原因は人によってさまざまですが、ちょっとした対策で改善することができるんです。
そこで今回は、快適な一日をスタートさせるために、寝起きのコリを改善する方法をご紹介します。

寝起きのコリをなんとか改善したい!

「朝起きると、首や肩・腰が痛くて体を動かすことが辛い」なんて経験をしたことはありませんか?
寝起きが辛いだけで、一日の始まりも気分が下がってしまいますよね。

そもそもなぜ朝起きると体が痛いのか。
それは寝具との相性や血液循環、生活習慣が関係しているといわれています。

軽度であれば日頃の対策によって改善することができますが、それでも改善されない場合は、内臓疾患など病気の可能性も考えられるので、寝起きのコリを少しでも感じたときは、早めの対策・改善が必要です。

そこで今回は、応急処置として取り入れられる改善方法をいくつかご紹介いたします。
快適な一日をスタートできるよう、ぜひ見直したり、取り入れてみたりしてください♪

寝起きのコリを改善する方法①寝具を見直す

寝起きのコリを改善するための対策として一番挙げられることが、寝具の見直し。
寝ている間の姿勢を正しく保つことは、とても大切なことであり、重要なことなのです。

まずベッドは、柔らかすぎない適当な硬さのものを選びましょう。
胸と腰が沈まないくらいの硬さにすると、寝返りもしやすくなり、寝返りによって睡眠中の血流も正常化します。

また、頭が体よりも高いと、首や肩コリの原因となるので、体のラインが直線になるような枕を選んでみてください。
心配であれば、お店の方に相談することもおすすめです♪

寝起きのコリを改善する方法②質の良い睡眠ができるようにする

質の良い睡眠は、疲れた体を修復し、リセットするために欠かせない習慣です。
睡眠中にしっかり疲れが取れなければ、翌朝にも疲れが残り、寝起きのコリの原因になってしまいます。

改善方法の一つとして、寝る1時間前にぬるま湯に浸かったり、アロマなどを焚いてリラックスしたりする時間を作りましょう。

少なくとも寝る3時間以上前に食事を済ませておくことが大切です。
これによって、睡眠中の内蔵にかかる負担を軽減することができ、ストレスの軽減にも繋がるので、自然と睡眠の質を向上させることができるんですよ!

寝起きのコリを改善する方法③湯船に浸かって血流を改善する

体が冷えていると、血管が収縮して血流が悪くなり、寝起きのコリを引き起こす原因になります。
普段から冷たいものを飲み過ぎないようにするなど、ちょっとした心がけが必要ですが、簡単に血流を改善できる方法は、入浴です。

暖かい湯船に浸かったら、軽く首や肩を回してみてください。
これだけで血流が良くなり、体がポカポカしてきますよ♡

38~40度くらいの温度に設定しておくと、副交感神経が優位に立つので、リラックス効果も同時に得ることができます。
41度以上だと交感神経が優位になり、かえって疲れてしまうので温度調節も忘れずに!

寝起きのコリを改善する方法④肩甲骨のストレッチ

ここからは、寝起きのコリを改善するストレッチをご紹介します。
簡単にできるので、寝起きで体の痛みを感じたら、ぜひ試してください。

まずは肩コリの改善に効果的な、肩甲骨のストレッチです。

①息を吸いながら、胸を張るようなイメージで両肘を真横に引いて、胸を開いていきます。
②そのまま息を吐きながら、、肩甲骨を伸ばしていきましょう。

やりすぎると筋肉痛になってしまう場合があるので、3回ほど繰り返してみてください。

寝起きのコリを改善する方法⑤腰のストレッチ

続いてご紹介する寝起きのコリ改善に効果的なストレッチは、腰のストレッチです。

①うつ伏せになり、胸の横に手のひらを置きます。
②両肘を伸ばしながら、腰を反らせていくだけです。

無理をしない程度に、自分が気持ちいいと思えるところまで上半身を持ち上げてみましょう。
やりすぎると腰を痛めてしまうので、3回を目安にゆっくり行ってみてください!

寝起きのコリを改善する方法⑥全身をほぐすストレッチ

最後にご紹介する寝起きのコリ改善に効果的なストレッチは、全身をほぐすことができるストレッチです。

①仰向けの状態で両手を頭の後ろで組み、両膝を90度に曲げておきます。
このとき、無理をしない程度で、両肘を床につけておきましょう。
②両膝を揃えたまま、横に倒し、5秒キープします。
③反対側も同じように行い、左右3回ずつ取り入れてみてください。

呼吸を止めてしまいがちなのですが、しっかりと鼻呼吸をしながらリラックスすることがポイントです。

寝起きのコリを改善するための方法をご紹介させていただきました。
まずは、普段使っている寝具や生活習慣を見直すことが大切です。
今まで体の痛み・ダルさに悩んでいた方は、少しずつでいいので始められることから始めてみてください♪