アラサー女子の本音“タラレバ”から学ぶ!後悔しない恋愛の秘訣♡

LOVE

タラレバとは、“あの時あーだったら”“もっとこーしてれば”の末尾を取ってくっつけた言葉です。
このような話題は避けたいですが……今回はアラサー女子のタラレバから、後悔しないで恋愛を楽しむ秘訣を探してみましょう♡

アラサー女子の“タラレバ”から学ぶ恋愛術①「素直な気持ちを伝えていれば……」

元カレや気になっていた彼に「あのとき素直な気持ちを伝えていれば……」と思った経験は、だれもが一度はあるのではないでしょうか?

“また彼に会いたいな〜”と思っても、いまの連絡先を知らない……。
連絡先を知っていたとしても、アラサーくらいになると元カレが結婚している可能性も高いので、メッセージを送るのに躊躇してしまいますよね。

疲れているときや寂しいときに、ふとこのような後悔が頭に浮かぶアラサー女子が多いようです。

気持ちを伝えられる距離にいるときに、できるだけ多くの気持ちを伝えておきたいですね!

アラサー女子の“タラレバ”から学ぶ恋愛術②「声をかけていれば……」

一目惚れをしたことってありますか?
朝の電車でよく見かける男性や、よく行くカフェの店員さんに一目惚れをしたなんて話をときどき耳にします♡

けれども、このような出会い方から恋愛に発展させるのは難しいですよね。
“連絡先を書いた手紙を用意したけど渡せなかった”という切ないエピソードもあります。

声をかけられず悩んでいると転勤になったのか、仕事を変えたのか、ある日突然、一目惚れした男性が行方不明に!
「あのとき声をかけていれば……」と、後悔しているアラサー女子もいるようです。

一目惚れまでの恋愛が終わると、相手のいいところだけで頭がいっぱいになってしまうので、後悔が生まれやすいのかもしれません。
これは仕方ないと思うので、美化しないように気をつけて、新たな出会いを求めたいですね!

アラサー女子の“タラレバ”から学ぶ恋愛術③「もっといろんな人と付き合っていたら……」

既婚アラサー、そしてアラフォー女性からときどき聞くのが、結婚関連のタラレバです。

学生時代から付き合っていた男性と結婚した女性には、「もっといろんな人と付き合っていたら……」と密かに思っている人も多いよう。

また夫婦関係が上手くいっていない女性は、「前の彼氏と結婚していたら……」と考えてしまう夜もあるんだとか。

若いうちにたくさんの恋愛をするだけでなく、結婚相手の選び方も学んだ方がいいのかもしれませんね。

アラサー女子の“タラレバ”から学ぶ恋愛術④「タイミングがよかったら……」

恋愛に限らず、なにごともタイミングが大事ですよね。

仕事が忙しくて恋愛を諦めた、プロポーズされたけど心の準備ができず断った、といった苦い思い出を持っているアラサー女子もいるようです。

「あの時タイミングがよかったら……」と思ってしまいますが、これは仕方がないのでは?

これからは良いタイミングを自分で作れるように、仕事を効率化させる方法を学んだり、花嫁修業をしたりしておきたいですね!

アラサー女子の“タラレバ”から学ぶ恋愛術⑤妄想より今を楽しむ♡

これを読んでいるアラサー女子の頭の中にも、“タラレバ”なエピソードが浮かんでいるかもしれませんが、そのタラレバは妄想です。
妄想通りの展開になっていた可能性は低いでしょう。

タラレバを笑い話にしてお酒を楽しむのはかまいませんが、タラレバ尽くしな日々を送っている人は、今を大切にしましょう。

後悔をしないで生きるのは不可能ですが、後悔を減らす努力はできますよね?
今日できることを考えて、素敵な恋を見つけてください♡

アラサー女子のタラレバをご紹介しました。
後悔だらけの人生を送っているアラサー女子には、つまらない見栄やプライドがある人も多いようです。
これらを捨てると、タラレバとは無縁の人生が送れるかもしれませんよ♡