松本恵奈さんが、新ブランド“CLANE”のディレクターに♡

LIFESTYLE

若者女性に人気のあるファッションブランド、EMODA(エモダ)のプロデューサーだった松本恵奈(まつもとえな)さん。

2014年の年末にプロデューサーを退任し、2015年2月に自身の会社を設立後、同年秋に誕生したブランドがCLANE(クラネ)です!

30代で自分と同世代の女性に向けて、ファッションを発信したいと考えていたからです。
“20代ですること”や“30代ですること”など、それぞれの時期の目標を明確にしているんだとか。

23才で始めた前のブランドは、コンセプトも価格も若い世代に向けたものなので、当然、自分が年を重ねれば着たいものも嗜好も暮らしもすべてが変化したんだそう。
素材や縫製、パターンにこだわった“本当によい服”、“ずっと大切に着ていきたい服”を作りたいという気持ちを妥協しないためには、自分自身の会社を作る必要があったそうです。

松本恵奈さんの新ブランド“CLANE”は、どんなスタイルのブランド?

長くファッション業界で活躍してきた松本恵奈(まつもとえな)さんですが、新ブランド“CLANE(クラネ)”には、どのような思いが込められているのでしょうか?

CLANEは、「時代に囚われない価値のある服」だと松本恵奈さんは言っています。
トレンドだけにこだわらず、ポイントとして取り入れながらバランスと素材を重視した、上質なものを作りたいんだとか!

長く愛される、ワードローブの定番になる服って、少し年齢を重ねた若い主婦たちの味方となりそうですよね。

新ブランド“CLANE”を立ち上げた松本恵奈さん、仕事と家庭はどう両立してるの?

一児の母である松本恵奈(まつもとえな)さん。妊娠が発覚するまでは、ファッション業界でバリバリ働いていた事もあり、仕事と家庭が両立できるのか不安だったそうです。

しかし、そこで自分が周りの方たちにどれだけ支えられてきたのかが、ようやく分かったとのこと。
彼・家族・ブランドの仲間などに“信頼感”を持てたからこそ、今こうして仕事と家族をパーフェクトにこなせているんだとか!

家庭では、自分だけに負担のかからない“半分ずつ”のバランスを維持♪
夫婦で忙しい時には、家族に頼る事も大切だと語っています!

松本恵奈さんの今後に対する考え方とは……?

もともと、やると決めたらやり通さないと気がすまないという松本恵奈(まつもとえな)さん。
しかし、仕事だけに没頭できなくなった今、これから先どのような考え方でいるのでしょうか。

それは、“できる限りやりたい、悩みのままで終わらせない事”と語っています。
自分1人で抱え込むのではなく、助けがいるなら手を差し伸べてもらえるように自分を変える!
それが前へ進むポイントなんだそうです♡

出産を経て一段と女性としての魅力も、母親としての穏やかさも手に入れた彼女。
今後の活躍にますます注目が集まりますね!

出産を経て一段と女性としての魅力も、母親としての穏やかさも手に入れた彼女。
今後の活躍にますます注目が集まりますね!