悩んだら取るのも一つの方法。ほくろの原因と対処法教えます♪

体や顔にある「ほくろ」ですが、意外とその原因は知られていませんよね。
今回は、ほくろができる原因とその対処法についてお伝えします!

この記事の監修

品川スキンクリニック 札幌院 院長 Dr. 小林 雅郎

なんでこんなところに「ほくろ」が!?

ほくろはできる場所によって、可愛く見えたり色っぽく見えたりするメリットがある一方で、その大きな存在感ゆえコンプレックスになることもしばしばありますよね。

しかし、ほくろといっても様々な種類のものがあります。

生まれつきのものであっても、後々できたものであっても、基本的に悪性ではない限り美容整形でスムーズに除去することができますよ!

そもそも「ほくろ」ができる原因とは!?

生まれつきあるほくろの場合は、遺伝的なものが原因であることが多いです。
その場合、両親と似たようなほくろができやすくなります。

しかし、後天的なほくろの場合はメラニン色素が多く発生することが原因ですので、紫外線や肌への過度の刺激、食生活の乱れやビタミン不足などが要因となりえます。

実際にほくろの原因を細かく特定することは、現代の医学ではまだ難しいため、ほくろを予防するために紫外線対策や食生活などに気をつける必要があります。

「ほくろ」の対処法にはこんなものがあります!

ほくろを除去する手術法には様々な種類があり、クリニックや病院によって設置している機械なども違います。

盛り上がりのあるほくろに対しては、高周波メスや電気メスを使って切除方法が用いられます。

また、大きいほくろの場合はメスで切除した上で、皮膚を縫合することもあります。

その「ほくろ」本当に除去して大丈夫ですか?デメリットとは

「ほくろが気になるからさっさと美容整形で除去してもらおう」とお考えの方もいるかと思いますが、切除する前にほくろの検査をしっかりとしてくださいね!

ほくろが悪性のものであるかどうかは、検査で知ることができます。
もしも悪性のほくろを切除した場合、細胞にダメージを与え、悪性細胞が増殖する要因となる可能性もありますので、医師と相談して慎重な対応が必要となります。

基本的にしっかりとしたクリニックや病院であれば、事前検査は必須となっていますので、それも基準にクリニックや病院を選んでみてはいかがでしょうか?
特に顔などの目立つ場所にあるほくろは、あなたの印象を大きく変化させますよね。
事前にシミュレーション画像で確認するなどして、後悔のない結果に繋げていきましょう!

【関連記事】甘く見ちゃダメ!コンプレックスである「体のほくろ」の原因と対処法

「体のほくろが多くて除去してしまいたい!」と思うことはありませか?ほくろはできる場所に...

ほくろ 原因 対処法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

桜井朋子

旅行が大好きで、オススメのスポットなんか知ってますので、もしよかったら話しかけてください。

>もっとみる