結果よければ全て良し♪言い争いを無駄にしないためのポイントとは

人とかかわって生きていれば、気に食わないことは当然あります。
時には言い争いになることだってあるでしょう。
そんな時、いつも言い争いだけで終わっていては、成長できませんよね。
今回は無駄な言い争いにしないための、4つの方法をご紹介します。

言い争いを無駄にしない方法①▶︎自分の喧嘩パターンを知る

喧嘩や言い争いに発展させる前に、まずは自分の喧嘩パターンを知っておくことが大切です◎
自分自身が、いつ、どんな話の時に、ムカっとくるのか。
喧嘩になるとどんな感情になって、どういう行動をとってしまうか。

まずは自分を知ることから始めましょう。

イライラすると感情のコントロールがうまくいかなくなります。
感情が暴走してあとになって後悔しないように、あらかじめ知っておくと防げることもあるかもしれません。

言い争いを無駄にしない方法②▶︎喧嘩するべきか自問する

喧嘩しそうになったり、言い争いがスタートする手前で、本当にこの喧嘩は必要なのか自問してみましょう♪

相手がだれなのか、問題はなんなのか。
相手によっては言い争いが難しい相手かもしれません。
問題によっては、仕方のないことかもしれません。

ムカっとして、ただやみくもに言い争うことからは何の結果も生まれません。
結果を重視して、生産的な喧嘩ができるのが理想です。

言い争いを無駄にしない方法③▶︎理由を正確に述べる

なぜ言い争いに発展したのか。
カッとなっていいたいことばかり言っていると、いつの間にか論点や主張がなんだったのか、わからなくなってしまうことがあります。
そういうことのないように、なぜ私たちは論争を繰り広げているのか。
この論争の果てには、どんな結果が出ればいいのかを把握しておくようにしましょう。

また主張を言う時は感情的な理由ばかりを述べずに、相手が納得してくれるように理由をきちんと伝えることが大切です♡
理由をお互いに理解していないと、言い争いは無駄になってしまいますよ。

言い争いを無駄にしない方法④▶︎して欲しい事も伝える

そして、今回最も伝えたかったポイントはココ!
喧嘩したら主張を理由とともに述べて、さらには改善のために、して欲しい事も伝えるようにしましょう。
そうする事で、喧嘩をしても意味のある喧嘩になりますよね。

理由ばかりのべられても、じゃあどうすればいいんだろう……と思い悩む事もありますよね。
「それくらい自分で考えろ」と思うかもしれませんが、本当にどうすればいいかわからない事もあります。
そういう時のために予めして欲しい事を用意しておくと、仲直りが早まるかもしれませんよ♪
喧嘩はできれば避けたいもの。後悔する事もしばしば……。
どうせ嫌な気分になるなら、少しでも生産的な時間にしたいもの。
これを機に喧嘩の仕方を見直してみてください◎

【関連記事】美人なのに彼氏ができない女の特徴って?お金がかかるのはNG……!

キレイでスタイルも良いのになぜか彼氏がいない女性って周りにいませんか?もしくは自分もそ...

言い争い 無駄にしない コツ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる