一生に一度は登ってほしい!私が富士登山で感動したときのお話♪

LIFESTYLE

富士山、遠くから見ているだけで満足してませんか?
登りたいけど無理無理!なんで思ってませんか?
一度登ればきっと、富士登山の魅力に気づくはず。

夏に登るべし

登山初心者用のツアーは、だいたい8〜9月のみのものがほとんど。
わたしは、はとバスのツアーで富士登山に参加しました。

早朝出発→お昼にバスで五合目到着→夕方にかけて8合目まで登山→深夜から明け方にかけて登頂を目指す→御来光を見る→午前中かけて下山
という、ゆっくりゆっくり登る、超初心者コースです。

小学生くらいの子供〜6〜70代の方までいらっしゃるので、友達と参加するのも、一人で参加するのもアリ。

お金がかかる登山グッズは、レンタルで

出典:item.rakuten.co.jp

登山グッズのレンタルサイトでほとんどのグッズはレンタルできました。自分で揃えたのは、帽子と手袋くらい。

本格的に登山を始めると、結構お金がかかるのですが、レンタルなら1万円代で揃います。帰りは五合目でレンタルしたものすべて返してこられるものもあるので、身軽で帰られますよ♪

5〜8合目まではランニングするような格好で十分ですが、夜になるにつれて寒くなるのと、山頂は5度あればいい方なので、登山用の温かいものを着重ねていく形になります。

酸素を持ち歩く人が多いみたいですが、使うことはほとんどありません。
なぜなら、ギブアップする時か、下山するときしか使用しないからです。
酸素何本も持ち歩くのであれば、その代わりにお水やスポーツドリンクを持ちましょう。

お菓子もたくさんあるとつまめて、なお良いですよ〜。
凄まじいカロリー消費なので、ちまちま飲み食いしないと、力が出ません。
塩飴やクッキーなど、甘いものもエネルギーになりますよね。

まるでラピュタの世界

登頂だけが目的ではない登山。
見る景色が本当に素晴らしいんです。
雲にどんどん近づいて7合目あたりでは、もう雲の上。
まるでラピュタの世界です。

夜は、頭につける懐中電灯の灯りが山を照らします。
光の渋滞が続く中、空を見上げると無数の星が輝いていて、流れ星を見つけることも多くあります。

空に近い場所から眺める月と空のコントラストも、キツさを忘れるほどの素晴らしさです。
お天気に恵まれないと、寒さや雨で体力を奪われるので、そこは神頼みですね。

御来光

登頂の瞬間は、嬉しさのあまり友達と抱き合う人もチラホラ。
最後は真っ暗の中岩場が続くので、キツさも倍増しているし、余計に感極まりまさよね。

登頂してから御来光までは、ラーメンや豚汁をいただいたり、お守りを購入したり、思い思いの時間を過ごします。
そんなに時間はないのですが、そこで食べる温かいご飯は格別!

ちなみに、登頂の喜びと同じくらい、寒さも大きいです。笑
ホッカイロとかあるといいかも。

御来光がいかに美しく見えるかは、これはまた運なのですが、素晴らしい御来光を見られた時には、登山ガイドさんもみんなでバンザイするほど。
こんなに美しい朝があるのかと思うほどで、涙が出ますよ。

この後、キツイキツイ下山が待っているのですが、この御来光を見たから頑張れる人も多いはず。

よく、富士登山すると人生が良い方向に進むと聞きます。
きっとそれは、何時間もかけてひとつの山を登り、素晴らしい景色と経験により、人間として成長したからでしょう。
世界遺産になってから、登山者はかなり増えたそうですが、日本人として登っておくべき山だと私は思いました。