雑誌連動

弁護士の平均年収って?結婚したらどんな生活を送れるのか知りたい!

♡4MEEE Vol.3 p.60 〜「やっぱりハイスペ男子に愛されたい。」

ハイスペ男性と結婚したい!
どんどん格差が広がる世の中だからこそ、結婚相手に収入を求めて安定を手に入れようとしてしまうのは女性の本能ですよね。
むしろ、正しい判断基準であることは間違いありません。
以前よりは改善されてきましたが、女性はまだまだ結婚出産でキャリア形成が難しいことが多いのが本音……。
そこで今回は、ハイスペ結婚相手の中でも人気の“弁護士”の平均年収やリアルな結婚後の未来予想図をご紹介します。
「弁護士との結婚を目指している!」「付き合っている彼が弁護士だ!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

弁護士の平均年収って?

書類を見る弁護士

弁護士というと人生の勝ち組とされていますが、実は会社員弁護士でも年収の開きの差が激しい職業のひとつ!
一昔前までは資格を取れば安泰とされていましたが、最近はそう甘くないのが現実といえるでしょう。

実際、弁護士の平均年収は「約1,010万円」ですが、最高が約2,300万円・最低が約300万円なんだとか……。
平均年収だけで見ると、一流企業のサラリーマンとさほど変わりませんよね。

一流といわれている弁護士法律事務所でないと、昔のようなイメージの優雅な生活とはいかないことを心得ておきましょう。

弁護士の気になるデート事情!

ディナーするカップル

弁護士といっても、様々な方がいるのが当たり前!
しかし、お堅い仕事なので実年齢より上に見える方や、彼氏にするにはちょっとつまらないと感じることが多いのも実態です。
まれにイケメンの遊びなれたイケイケの弁護士もいますが、結婚相手には心配の方が大きいといえるでしょう。

肝心のデートのレベルはというと、リサーチが得意な方々なので、好みの女性とのデートとなると美味しいお店を調べて連れていってくれるそうです。
付き合い始めの頃は平均年収が高いのでそれなりに奮発してくれますが、コスパ重視派が多いので、必ずしも毎回高級なお店でお食事デートとは限らないことを忘れずに!

堅実なデートをしてくれる弁護士は、彼氏には物足りないけど結婚には最高かもしれませんよ♡

弁護士の結婚あれこれ。

海辺で結婚式

会社員弁護士の場合、結婚する30代くらいが平均年収の中でも1番稼いでいる時期なので、華やかな結婚式を挙げることが期待できます♪

彼の会社の方も招待するなら、有名ホテルの結婚式場が候補に挙がるのではないでしょうか。
最近では家族単位でリッチな海外挙式も人気!

「憧れのブランドの婚約指輪をサプライズプレゼントされる!」なんてこともあるかもしれませんよ♡

弁護士はリッチな暮らしができる?

車の前に立つカップル

稼いでいる弁護士ほど、平均年収が高くなる30代40代で不動産を購入する方が多いそうです。
税金対策を兼ねているので、上司の話を聞いて不動産を購入するという若手も♪

結婚直後に新居を購入するなど、早い段階で一軒家やマンションを購入することになるのではないでしょうか。

弁護士である彼の実家はお金持ちということが多いそうで、彼の実家からサポートが手厚く、新居購入にも援助が期待できます。
20代で高級外車を乗り回している弁護士は、ご両親からのプレゼントということも!

リッチな暮らしが保証されるか否か確認するために、彼のご実家状況をそれとなく調査しておくのが◎

弁護士旦那の子育て♪

子育てする女性

会社員の弁護士だとしても、必ずしも土日祝日が休めるとは限りません。
仕事を持ちかえってくることが多く、会社から帰宅しても自分の書斎にこもってしまうのが現実!

そのため、ワンオペ育児になってしまうのは覚悟しておいた方がいいでしょう。
学校行事も仕事の都合で参加できないということも……。

しかし、弁護士の平均年収は専業主婦になれる基準を満たしているので、家庭を守ることが仕事だと考えるのが賢いのではないでしょうか♡

弁護士の平均年収とリアルな生活実態①20代

携帯をいじる女性

20代弁護士の平均年収は、約707万円なんだそうです。
ボーナス平均は、約176万円♪
同世代の中では平均年収が高めですが、それには弁護士というだけではない理由が……。

今日は待ちに待った弁護士の彼とのデート♪
仕事後のデートの予定なので、あなたは朝から気合いを入れて出社します。

会社を出ようとした時、彼からの連絡が入っていることに気づきます。
そこには、な、なんと、デートドタキャンのお知らせが……。
弁護士とのデートには日常茶飯事の事態です。
若手であればあるほど、多いパターンといえるでしょう。

20代で高収入のわけには、ときにプライベートを犠牲にしなければならない労働時間の長さへの理解が必要!
弁護士の彼との結婚を目指すなら、仕事を応援してあげられる器の広さを持ちましょう♡

弁護士の平均年収とリアルな生活実態②30代

ホームパーティーするカップル

30代弁護士の平均年収は、約923万円といわれています。
ボーナス平均は、約461万円♪

職場によって実力主義ということも多く、30代は年収にグンと差がつく時期といえるでしょう。
中には完全歩合制という厳しい職場も……。

彼が実力のある弁護士であるなら、仕事に集中できるように支えて上げるのがいいでしょう。
仕事で必死の時期に、「かまってくれない」なんて言う女は邪魔になります。
だって、結婚してからの方がほったらかしになってしまいますから……。

何もいわなくても待っててくれる、彼の良き理解者であることがプロポーズへの近道でしょう♡

弁護士の平均年収とリアルな生活実態③40代

編み物をする女性たち

40代弁護士の平均年収は、約1,172万円なんだとか!
ボーナス平均は、約292万円といわれています。

30代で彼を支えていたなら、40代では無事結婚していることでしょう。
お子さんもいるのではないでしょうか。

実は弁護士の年収のピークは40代を最後に下り坂の傾向……。
もちろん実力や実績次第ですが、この先のことを考えて賢く貯めておくのがおすすめです。

あなた自身も何か身に付けて、自宅でサロンや教室を開いてみるのもいいのではないでしょうか。
この先の将来、役に立つかもしれませんよ♡

弁護士の平均年収とリアルな生活実態④50代

書類を見る女性

50代弁護士の平均年収は、約1,327万円なんだそうです。
ボーナス平均は、約331万円!

「40代でピークといっていたけど50代も稼いでいるじゃない♪」と安心するかもしれませんが、平均年収ということをお忘れなく……。
稼いでいる人は役職があるので収入がアップしますが、そうでないと肩身の狭い思いをすることもあるようです。

子どもも大学に進学し、自分たちの老後を考えている時期でしょうか。
20代30代で家を建てたなら、リフォームや建て替えも考えるかもしれません。

弁護士夫人という肩書に酔いしれてしまって贅沢に過ごしていた方は、身を引き締めるべき時期ですよ。

弁護士の平均年収とリアルな生活実態⑤60代以降

景色を見る老人夫婦

60代弁護士の平均年収は、約895万円だといわれていますよ。
ボーナス平均は、約224万円!

65歳まで働いてくれるという仕事好きの旦那様なら、老後も安心して過ごせるでしょう。
年収はもちろん少なくなりますが、充分過ぎるほどもらえます。

老後は仕事でなかなか頻繁には行けなかった旅行やゴルフを、夫婦や子どもたちの家族と存分に楽しめるでしょう♪
退職後は夫婦で旅行三昧するのもGOOD!
海外移住も良いかもしれませんね。

結婚後の子育て時期は少し金銭面以外の苦労があるかもしれませんが、トータルでみれば苦労が報われる幸せな結婚生活を送れるのではないでしょうか。
彼を尊敬する気持ちと見極める目があれば、リッチな結婚生活が約束されていますよ♡
弁護士の平均年収とリアルな生活実態、あなたはどのように感じたでしょうか?
ハイスペ男性と結婚してもハイスペ男性ではない人と結婚しても、結婚生活はいずれも苦労が絶えません。
結婚へのリスクやメリットをしっかり考えて、自分の結婚について向き合ってみてくださいね♡

【関連記事】超ハイスペックな男性が結婚に選んだ女性の共通点

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第127弾】今日は、私の周りで起こったリアルな話を書こうと...

弁護士 年収 結婚

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

大森 瞳

>もっとみる