後悔する前に考えて!つい言っちゃう"余計な一言"をやめるには?

LIFESTYLE

捨て台詞のように余計な一言を言っちゃう…そんな人って居ますよね。
言われた側はもちろん、言った側も後悔することも。
ここでは、余計な一言をやめるには?を書いていきます。

楠原諒子
楠原諒子
2015.09.13

〔 余計な一言をやめるには?① 〕言ってる人を見てどう思う?

何事にも言えることですが、自分のよくない、治したいと思うところは、それをしている人を見るのが良いです。

余計な一言をいつも言う人を見て、何を感じますか?
大人げないと感じたり、きっとこれでストレスを発散しているんだろうな、と思います。

そして「それって魅力的なコト?」と考えてみると、全然魅力的じゃないですよね。
自分はああいう人になりたくないと、反面教師として学ぶことで、やめるキッカケになります。

〔 余計な一言をやめるには?② 〕デメリットを考える

①でどう思うか考えるのと同時に、デメリットを考えてみましょう。

まずは、先程も書きましたが余計な一言がクセになっている人は、印象が悪いです。ネチネチとしたイメージがあります。
このように、デメリットを考えてみるとたくさん出てくると思います。

それに、余計な一言を言って後悔する人は、ストレスにも繋がり悪循環。
自分の為にも相手の為にもやめたいですよね!!

〔 余計な一言をやめるには?③ 〕ゆっくり話す

余計な一言を言ってしまう時、もしくは言っている人を見た時。
怒っている時や余裕がない時は特にせかせかしている事が多いですし、早口でバーっと喋っていると、自分でも何を話しているかわからなくなり、余計な一言を言ってしまうのかも。

それを防ぐには、日頃からゆっくり落ち着いて話すことを心掛けるのが一番。

人間関係で余計な一言は、悪意がなくても誤解を招くことがあるので、ゆっくり落ち着いて話すだけで、やめることができますよ。

〔 余計な一言をやめるには?④ 〕自信がない・寂しい

余計な一言って、どうして言っちゃうのでしょうか。
ただ単につい言っちゃう人も居ると思いますが、もしかしたら自分の自信の無さ、寂しさが原因かもしれません。

相手より優位に立ちたい。かまって欲しくてついつい言っちゃう…そんな人居ませんか?

余計な一言を言っても、周囲からけむたがれたり、ひどい人だと思われてしまって、むしろ逆効果かもしれませんよ☆

余計な一言をやめるには?でした。
ついつい言っちゃう余計な一言。クセになっている人は早めに対策を!自分の為にも相手の為にもやめましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。