上手に向き合って♡苦しい嫉妬を幸せのための原動力にする方法

嫉妬は醜くて苦しいネガティブなものというイメージが強いですよね。
でも上手に付き合えば、嫉妬を原動力に変えることができるんです!
苦しい嫉妬を幸せのための原動力にする方法をご紹介します♡

嫉妬を原動力に変える方法① 嫉妬の原因をしっかり把握

嫉妬を原動力に変えるためには、嫉妬の原因がどこからきているのかを把握しましょう。

彼の女友達、彼が夢中になっているアイドル、友達の結婚や妊娠……。

理由は様々あると思いますが、原因をうやむやにせずに明確にしておくことで、これから自分が何をすれば良いのかが見えてくきます。

嫉妬を原動力に変える方法② その気持ちを認める

「嫉妬している自分が醜い!」そう思って嫉妬心を認めていない、ということはありませんか?

嫉妬と上手に付き合うコツは、いち早く自分が何かに嫉妬していると認めることです。
認めることで気持ちがストンと落ち着き、停滞していたものが流れ始めます。

嫉妬を原動力に変える方法③ 立場が変われば嫉妬も変わる

あなたが羨ましい、妬ましいと思っていることは他の視点や他人から見たら、大したことがなかったり、むしろ贅沢と思われるようなことだったりするかもしれません!

嫉妬したら恥ずかしいと思わずに、誰かに相談してみてください。
例えば、彼の女友達が可愛いから嫉妬した場合、相談された側からしたら「あなたも十分可愛いんだから、そこで張り合う必要はないよ」と言いたくなるかもしれません。

あなたが誰かに嫉妬するのと同じように、あなたに対して嫉妬している人もいるかもしれないと考えれば、少しは気持ちが楽になりませんか?

嫉妬を原動力に変える方法④ 嫉妬を原動力に行動する

嫉妬は向上心と似ているのではないでしょうか?
自分に不満があり、改善の余地があると知っているからこそ、嫉妬心が生まれるのです。

嫉妬が生まれたら成長するチャンスと捉えてみてください。

嫉妬の原因が体型ならダイエットを。
性格なら周りにいる性格のいい人をお手本にして、その人になりきってみましょう。

嫉妬を原動力に変えれば、嫉妬心も改善されるし自分磨きもできるんですから♡

嫉妬を原動力に変える方法⑤ 無理に怒りを抑えようとしない

嫉妬は強いエネルギーを持った感情です。
それを溜め込むのは、危険なことなのではないでしょうか。

ぜひとも嫉妬心は発散してください。
泣いてもいいし怒ってもいいんです。

無理に気持ちを抑え続けると、爆発した時に何をやらかすかわかりません。
とんでもない事態になる前に、こまめに発散させていきましょう!
嫉妬は恥ずかしいことでもなんでもありません。生きていれば自然に溢れてくる感情なのです。
上手に向き合って、原動力に変えていきましょう!

【関連記事】羞恥心をポイっ!イキイキとした女性になるための5つのステップ♡

勢いがあり、活気に満ちた「イキイキとした女性」って魅力的ですよね!男女問わず好かれる女...

嫉妬 原動力 苦しい 幸せ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる