一生使える資格を取得!『司法書士』になる方法教えます

不動産や商業の登記申請に大きく関わる司法書士。超難関な法律資格でありながら、さまざまなメリットから取得を目指す人が後を絶ちません!
そこで人気の司法書士資格とその取得方法についてご紹介します。

司法書士ってどんな資格?

www.worlddrive.jp

司法書士の主な仕事といえば、登記申請書の作成といった代書行為のイメージがあります。
けれど近年、司法書士の業務はどんどん拡大!

裁判所での訴訟代理人の役割を担うなど、法律の専門家として注目を集めています!

司法書士の資格とは、人の役に立ちたい、個人の力を試したい、年齢性別に関わらず実力を発揮したい、そんな夢を持つ人に取得してほしい資格です。

司法書士は稼げる仕事に就ける資格としても有名!

司法書士といえば、社会的なステータスが高い仕事のひとつ。
仕事のニーズも高いため、本人の努力しだいでは高収入が期待できます。

一般に司法書士の資格取得後は、既存の司法書士事務所や会社などで実務経験を積みますが、その後は、築いた人脈を元に独立・開業する人がたくさんいます!

個人事業主として事務所をかまえ、年間1,000万円以上を稼ぐ司法書士も存在します…!

司法書士の資格取得試験の内容とは?

studyfortwo.org

合格率がたった3%前後という、取得が難しい資格の代表である司法書士。

年1回行われる試験は、筆記試験とその合格者を対象として口述試験という構成になっています。
広く深い法律知識を要求される筆記試験は、法律系の国家資格でも群を抜いた難しさ。

司法書士の試験に合格するためには、出題のポイントを要領よくおさえることが必要になります。
ただ、口述試験はほぼ100%の合格率!もし落ちたとしても翌年の筆記試験を免除されますよ♪

司法書士の資格取得の為には学習計画しっかり立てること!

www.sugiyama-u.ac.jp

合格率の低く超難関である司法書士の資格を取得するには、計画的かつ効率良い学習がカギとなります。

大学へ通いながらや、仕事をしながらの独学は非常に困難なので、通信講座や通学講座を活用するのがおすすめです。

広い法律知識を自分のものにするにはかなりの時間を必要とします。
毎年7月の司法書士の筆記試験に向けて、遅くとも前年の4月から勉強を始めるようにしましょう!
司法書士の資格とその取得方法をご紹介しましたがいかがでしたか?
一生モノの資格と言われる司法書士は、難しい分だけ、取得後のメリットは非常に大きいと言えます。
長期の学習計画を練って、コツコツ粘り強く勉強しましょう!

司法書士 資格 取得

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

よしだあき

ファッションでもスイーツでもかわいいものが大好きなライターです。

>もっとみる