「理想と現実」の違いにヘコんだ時に思い出すべき4つのこと

LIFESTYLE

誰にでも理想の未来はあると思いますが、理想と現実があまりにも違いすぎる、理想と現実のギャップに落ち込むことってありますよね……。
「理想と現実」の違いにガッカリする前に、思い出して欲しいコトがあります☆

“理想を描きすぎていませんか?”

まず初めに言っておきたいのが、理想を描きすぎるのはやめた方がいいです。

もちろん夢を持ち、目標を立て、それに向かって努力をするのは、とても素敵なこと。
ただ、理想を描きすぎて、それに縛られ苦しめられるのはどうなのでしょう。

大きすぎる理想を描いて、理想の中で暮らしていませんか?
それでは、今がもったいないです。現実も楽しんでください♪

“理想と現実のギャップを作らない”

理想の自分と、現実とのギャップを作り出しているのは自分自身です。ということは、ギャップを作りすぎないように、心がければいいんです☆

前述のように、
✔︎理想を描きすぎない
そして、
✔︎計画をしすぎない
✔︎今あるものに感謝をする
これが大切です。

計画をしすぎると、その計画が崩れた時に、自暴自棄になってしまうこともあります。
人生は、計画通りにはいかないことがたくさん!
そして、今あるものに感謝をしましょう。感謝の気持ちは、今の自分を受け入れることにも繋がります。
そこから、努力をすればいいんです☆

“自分には、何が足りないのか?”

描いている理想と現実の間には、何が足りないのかを考えてみましょう☆

極端ですが、わかりやすい例を出すと、
[ 理想 ]料理上手な女性になりたい!
[ 現実 ]面倒くさくてコンビニ弁当ばかり……。
これは明らかに、面倒くさくて料理を覚えることを後回しにしていますよね。

キーワードは“後回し”。思い立ったら、行動する力が足りていません。
まずは、電子レンジレシピでもいいんです。
とりあえず行動してみましょう♪

“違った形で叶う・やりたいことが変わるかも♡”

夢や理想って、抱いていた通りにならなくても、ちょっと違った形で叶うこともあります。

私自身、最近強く感じることは、いざ理想の世界に足を踏み入れても、そこがイメージしていたところとは限りません。となると、やりたいことが変わることだってあります。

それは逃げではなく、悪いことでもありません。
理想と現実の間で、自分にしっくり来る、ちょうどいい場所を見つけていくのだと思います♪

「理想と現実」の違いにガッカリした時、落ち込む前に思い出して欲しいコトをご紹介しました。
理想と現実は違うことが前提です。
ギャップを埋めていけばいいだけです!