ピアスでよりおしゃれに♡ピアッサーにも種類がいろいろあるんです!

BEAUTY

ピアスの穴をあける方法の一つとして、誰もが手に取りやすくなっているピアッサー。
お手頃な価格で簡単にピアスの穴をあけられることから人気の高いアイテムですが、ピアッサーにも種類がいろいろあります。
そこで今回は、知っておくと役に立つピアッサーの種類をご紹介いたします。

ピアッサーとは?

ピアスの穴をあけるために必要なアイテムとされているピアッサー。
ピアッサーは、お手頃な価格で手にすることができるだけでなく、自分であっという間にピアスの穴をあけることができるので、挑戦している方も多いのではないでしょうか?

ピアスの穴を初めてあけるときは、「痛くないのか」「ちゃんとできるのか」など、不安なことばかり……。
それでもピアスをしているだけでおしゃれに見えて、コーデの幅が広がるので憧れてしまいますよね♡

そこで今回は、知っておくと役に立つピアッサーの種類をご紹介いたします。
自分で購入する際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ピアスの穴をあけるアイテム!ピアッサーの種類①耳たぶ用

ピアスの穴を初めてあける方や定番の位置として最も人気のある場所が、耳たぶです。
その耳たぶ専用に作られたピアッサーも、今では定番のアイテムですよね!

耳たぶはピアッサーで穴をあけてから、約半年ほどピアッサーについていたピアス(ファーストピアス)をつけっぱなしにしておきます。

ピアスをつけっぱなしにしなくてはいけないので、トラブルが起らないように、ピアッサーを使う前は必ず耳と手を消毒し、清潔に保つことが大切ですよ!

ピアスの穴をあけるアイテム!ピアッサーの種類②軟骨用

ピアッサーには耳たぶ用だけでなく、軟骨用もあります。

軟骨用のピアッサーは、耳たぶ用のピアッサーよりも太く作られているのが特徴です。
軟骨は触っても分かるように耳たぶよりも硬いので、間違っても耳たぶ用のピアッサーでピアスの穴をあけないことが大切!

貫通しきらない可能性もあるので、軟骨にピアスの穴をあけたいときは軟骨用のピアッサーを用意してくださいね♪

ピアスの穴をあけるアイテム!ピアッサーの種類③純チタン

ピアッサーに使われているピアスには、チタンやステンレス・樹脂ピアスなどがあります。
その中でも金属アレルギーの方におすすめしたい素材が、“純チタン”です。

樹脂ピアスも金属アレルギーの方におすすめできる素材ですが、初めてピアスの穴をあけるファーストピアスとして使い続けることは、衛生面でおすすめできません。

ピアス本体はもちろん、キャッチもすべて純チタン製のものを選ぶと一番安心して使えますよ!

ピアスの穴をあけるアイテム!ピアッサーの種類④ポストの長さ

ポストとは、ピアス本体の棒の部分です。
長さは6mmほどのスタンダードタイプや、8mmほどのロングタイプなどがあります。

ポストの長さが短いものを選んでしまうと、耳たぶを圧迫してしまうなど、最悪の場合はピアス自体が耳たぶに埋まってしまうこともあるんですよ!

衛生面でよくないですし、ピアスの穴を安定させるまで時間がかかってしまうので、自分の耳たぶの厚みを調べてからピアッサーを購入してくださいね♪

ピアスの穴をあけるアイテム!ピアッサーの種類⑤ポストの太さ

ピアスのポストに長さがあるように、ポストの太さもあります。
おすすめのピアスの太さは、1.2mmほどです。

1mm以下の太さは痛みがほとんどないといわれていますが、細すぎると他のピアスが入りづらい……ということがあります。

ピアスを無理やりつけようとすると、かえって耳たぶを傷つけてしまい、またピアスの穴を作り直さなきゃいけなくなるので、細すぎるのも注意が必要です。

ピアスの穴をあけるアイテム!ピアッサーの種類⑥豊富なデザイン

今のピアッサーは、ヘッド部分のデザインも豊富にあります。

一般的なものだと先端がボールのように丸くなっているスタッドピアスですが、穴が安定する間でもおしゃれを楽しみたいならクリスタル付きのデザインもおすすめ!

誕生石がついているピアッサーもあるので、自分の誕生石でファーストピアスを楽しむのもいいですよ♡

意外と知らないピアッサーの種類をご紹介させていただきました。
初めてピアッサーを使う方はもちろん、今までなんとなく買っていた方も自分に合ったものを見直すことができます。
ぜひ参考にしながら選んでみてください。