胸ってやっぱり垂れるの?若いうちから実践したい垂れバスト予防方法

胸ってやっぱり垂れるの?若いうちから実践したい垂れバスト予防方法

BEAUTY

胸の形やサイズについて悩む女性も多いのではないでしょうか。
今回は、胸が垂れることについて考えてみたいと思います。
たくさんある予防方法の中で、若いうちから実践したいものをピックアプしてみました!

胸は年を重ねるにつれて垂れてしまう胸

残念なことに、何の対策もしないでいると、年齢とともに胸は垂れてしまいます……。
胸の位置は、鎖骨の中心と左右のバストトップを結んだ時に正三角形になることが一番美しいとされています。
胸が垂れるとは、この正三角形が崩れてバストトップが下がってしまった場合をさします。

年齢を重ねるごとに自分の胸の位置が気になり始めますよね。
胸が垂れてしまう原因は様々です。

【胸が垂れてしまう原因】
・加齢によってクーパー靭帯が伸びる
・ホルモンバランスの変化
・妊娠出産によるバストサイズの急激な変化
・悪い姿勢
・ブラジャーのサイズが合わない
・ブラジャーの付け方が間違っている

クーパー靭帯とは、大胸筋と乳腺や脂肪を繋ぎバストを形作る靭帯です。
一度切れてしまうと元に戻らないといわれています。

胸が垂れやすい人とは

実は、20代から胸は垂れ始めるそうです。
30代以降になると、胸のボリューム無くなり、削げて離れて垂れるというのが悩みの大半を占めるようになります。

胸が垂れる原因は様々ありますが、日常の生活習慣にも大きく関わっているのです。
なかでも胸が垂れやすい人とは、激しい運動をしたりサイズが合わないブラジャーを着けたりする習慣がある人。
胸が大きく揺れて動くことで、クーパー靭帯が少しずつ伸びて切れてしまうからです。

また、妊娠や出産、授乳などで急激なバストサイズの変化をより多く経験する人が垂れやすいといえます。
妊娠、出産、授乳を経験した人のほとんどが、卒乳後に小さくしぼんだ上に垂れるという悲しい出来事を経験しているのだとか。

他にも、極度の食事制限で無理なダイエットをしている人、キツいブラジャーをしている人、強すぎるマッサージをしている人、猫背の人、うつぶせ寝が習慣の人なども要注意です!

胸が垂れる?予防法をチェック①正しいブラの選び方

毎日着けるブラジャーは、大きくても小さくてもいけません。
どちらも垂れる胸をつくってしまう原因のひとつです……。

正しいブラジャー選びは、自分の胸を知ることから始めます。
なぜなら、トップとアンダーのサイズ、バスト底辺の長さや幅、胴の形、バストの形、柔らかさによって、自分に合うブラジャーが変わってくるからです。

自分での採寸が難しい場合は、下着専門店や百貨店の下着売り場でお願いしてみましょう。
採寸だけでも可能とのことですが、ブラジャーにも個性があるので、その場で試着して自分に合うブラジャーを見つけられると良いですね!

下着の大手メーカー・ワコールによれば、下着は体型やファッションが変わる、季節の変わり目ごとに採寸と試着をするのが理想とされています。

胸が垂れる?予防法をチェック②ナイトブラもチェック

胸の垂れの予防は、寝ている間も活用しましょう!
実は、寝ている間も胸が垂れるリスクを作っていると知っていましたか?

睡眠中の胸は無防備で、寝返りなどで動いた際に胸に刺激が伝わり、胸の脂肪が脇などに流れてしまうそうです。
その対策として便利なのが、ナイトブラ!
実際、ナイトブラを使用している女性は多いそうですよ。

ナイトブラの特徴は、締めつけが弱くて楽だという点。
見た目はスポーツブラと似ていて、柔らかいながらもしっかりと乳腺やクーパー靭帯を守ってくれます。
休日や帰宅後は、ナイトブラで過ごすという女性も多いようです。

特に胸が大きい人は、寝ている間にクーパー靭帯が伸びたり切れてしまうことがあるかもしれません。
理想の胸を守るために、ナイトブラ習慣を始めてみてはいかがでしょう?

胸が垂れる?予防法をチェック③胸に良くない食生活

食生活も、胸が垂れる原因になるようです。
年齢を重ねても胸が垂れないよう、この機会に食生活を改善していきましょう。

胸の垂れを予防するためには、質の良い食事を摂ることが大切です。
胸が垂れるの原因のひとつに、女性ホルモンの乱れがあります。

ホルモンの働きが低下し始める30~40代の女性は、ホルモンの働きを整えるような栄養を食事から補給しつつ、体を温めて血流を良くすることが重要です。

なかでも、タンパク質や大豆イソフラボン、ミネラルといった栄養素を意識して摂取することが、女性ホルモンのスムーズな分泌に役立ちます!

バランスの良い食生活を送れば、胸の垂れを予防できるだけでなく、ハリとツヤのある肌も手に入れやすくなりますよ♡

胸が垂れる?予防法をチェック④胸に良くない運動やダイエット法

ダイエットや健康のために運動をしている方も多いと思いますが、胸に悪影響の運動やダイエット法もあります。

ダイエットをしていると、胸から痩せてしまった!という経験はありませんか。
これは、胸の脂肪は心臓に近く、下半身などの脂肪よりも温かく柔らかいことから燃焼しやすい性質を持っているためだそうです。

胸を守りながらダイエットを成功させたいなら、無理な食事制限は絶対に避けましょう。
また、運動をする場合、普通のブラジャーを着けたままだと胸には厳しくなります。
ジョギング、縄跳び、ランニングは激しい上下運動になるため、胸のサイズダウンにつながりやすいのです。

胸の揺れを防ぐために、運動するときはスポーツブラをつける習慣を身につけましょう!

胸が垂れる?予防法をチェック⑤バストを鍛える運動法

胸の垂れを予防し、バストを鍛える3大運動法をご紹介します!
3つともバストアップには欠かせない運動法なので、ぜひ覚えて毎日取り組みたいですね。

◼︎大胸筋エクササイズ
①背筋を伸ばして、胸の中心で合掌のポーズをします。
胸を張り、肘の角度が90度になるように気をつけます。
②息を吸って、手のひらで強く押し合いながら5秒で息を吐き出します。
③5秒経ったら力を抜きます。
これを1セットとし、1日5セット行います。

◼︎胸のストレッチ
手を後ろ手に組んで、胸を反らすように肘を内側に絞って胸を張ります。
ポイントは、肩甲骨を縮め、胸が広がるように意識します。

◼︎バストアップ体操
①両腕を外側に曲げ、床と平行になるように開きます。(自然と胸が開きます)
②息を吐きながら、ゆっくりと胸の前に両腕をもってきます。
③2.の状態で5秒静止後、息を吸いながら腕を元の位置へ。
これを1セットとし、1日20回程度行います。

胸が垂れる?予防法をチェック⑥きちんとマッサージをする

胸の垂れの予防のためには、マッザージも大切です。
理想的な胸の位置は、鎖骨中央のくぼみと左右のバストトップが正三角形になった状態です。
この正三角形を崩さないためにも、セルフマッサージをマスターしましょう!

◼︎擦り上げマッサージ
両手でウエストからバストの下まで、擦り上げるようにマッサージを行います。
下腹の脂肪を胸に移動させるように、優しくマッサージするのがベスト。

◼︎デコルテマッサージ
手全体でリンパを流すイメージで、耳の下から首筋や肩までを軽く揉みながら撫でます。
鎖骨の下を3等分し、親指を使って痛気持ち良い程度の力で押していきます。
指で鎖骨を挟んで内側から外側へ流すように擦ります。

1日1回を目安に、体が温まる入浴中やお風呂上りに、マッサージしてみてください♡

胸が垂れる?予防法をチェック⑦バストアップコスメやサプリメントに頼る

胸の垂れは、バストアップコスメやサプリメントでも予防が可能だそう。
楽天のバストケアクリーム、ジェルランキングを参考に、人気のバストケアコスメとサプリメントをご紹介します!

◼︎ママ&キッズ ビーアップホワイト
妊娠、授乳中から安心して使用できるバスト専用の美容液です。

◼︎ラシュシュ ナノプラス バストケアクリーム
11の美容成分をナノ化し、確かな浸透力を実感できるバストケアクリーム。
秘伝のマッサージレシピも付いてるそうです。

◼︎ベルタプエラリア
純正100%のプエラリアと美容には欠かせないヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、ザクロの4種の美容成分が配合された高品質のサプリメント。

◼︎ピュアプエラリア
産後の垂れた胸にも産後の体型維持にも効果が期待できる、モデルや美容ライターも御用達の美容サプリメント。
女性ホルモンをサポートする成分が配合されているので、更年期に悩む人にもおすすめです!

悩んでいるなら美容外科クリニックに相談する

垂れた胸をサポートするバストケアコスメやサプリメントはたくさんありますが、それでも悩みが解消しない場合は、美容外科クリニックに相談するのも手です。

皮膚の老化などによって垂れてしまった胸を蘇らせる方法は、たるんだ皮膚を切除して縫合し、乳房を整えるという手順で手術が行われているようです。
これは、たるんだ皮膚を切除して縫合するという手術方法で、垂れてしまった胸の形と乳輪乳頭の位置を上向きに整えてくれるそうです。

◼︎高須クリニック
東京、横浜、名古屋、栄、大阪と全国展開の美容外科クリニック。
事前のカウンセリングが丁寧と定評があります。

◼︎湘南美容外科
関東を中心に全国に56院展開中の大手美容外科医院。
在籍ドクター人数、診療科目、実績とも多く、高品質の施術をリーズナブルに提供してくれます。

◼︎城本クリニック
全国に27院を展開する美容整形外科クリニック。
30年以上の歴史と実績を誇り、高い技術と豊富な経験を持つ医師のみが常駐しています。

いかがでしたか?
加齢や重力に激しい運動など、胸が垂れる原因は様々ありますが、もしかすると、胸に無頓着なことが1番の原因かもしれません!
マッサージや食生活など、普段の生活から取り入れられることをはじめ、いつまでも綺麗な胸を保ちたいですね♡