あなたは大丈夫?執着を愛情と勘違いしている女子の特徴4つ

私は彼のことがとても好き!
でも実はそれ、愛情ではなく彼への執着かもしれません。
今回は執着を愛情と勘違いしている女子の特徴をご紹介します!

執着を愛情と勘違いしている女子の特徴①「彼のことで頭がいっぱい!」

恋愛中の女子の多くがそうかもしれませんが、ここで気をつけたいのは彼のことばかりを考えすぎて不安になっている方。

「彼のことで頭がいっぱい!」というのは、「彼のことを思いやる」のとは違います。
四六時中、彼がどこで誰と何をしているのか考えてしまう場合は、愛情ではなく執着の可能性がありますよ。

彼に対してLINE(ライン)の返信が遅い、今日何をしているのか知らせてこない、など思っている方は要注意です。

執着を愛情と勘違いしている女子の特徴②「私を幸せにしてくれるのは彼だけ」

「私を幸せにしてくれるのは彼だけ」というのは、裏を返せば彼に対しての自分の思いなんです。

でも世の中には、彼以外にも男性はたくさんいます。
たとえ彼と別れたとしても、また新たに恋愛を始めることはできますよ。

私には彼しかいない、という考えを一度客観的に見てみることが大切です。

執着を愛情と勘違いしている女子の特徴③「私がいなきゃ彼はダメなの」

生活がだらしなく、なんでも彼女にやってもらうという男性っていますよね。

でも彼女というのは、彼の保護者ではありません。
彼だって一人の大人です。あなたがいなければ、いないなりに生きていけるんです。

特に年下の彼と付き合っている人ほど、“私がいなくちゃ彼はダメなんだ”と思ってしまいがち。
ダメ男にハマってしまう人ほど、こう考えてしまうのです。

執着を愛情と勘違いしている女子の特徴④「◯年も付き合ってるから」

1年以上一緒に過ごしているカップルに多いのは、「◯年付き合っているから私には彼しかいない」というもの。でも果たしてそうでしょうか?

今まで彼に尽くした時間を無かったことにしたくないので、そのように考えていませんか?
彼に費やした時間で愛情は測れません。

このような考え方は、彼に対する愛ではなく「もったいない」というこれまでの時間に対する執着です。
これ以上ずるずると付き合うことの方が、もったいないですよ!
いかがでしたか?執着を愛情と勘違いしている女子の特徴をご紹介しました。
最初は純粋に好きだった彼のことを、いつからか執着してしまっている方は多いんです。
幸せな恋愛をするためにも、今回の特徴に当てはまった方は、もう一度自分の恋愛を見直してみてはいかがですか?

【関連記事】いつまでダメ恋を繰り返す?相手に依存しない恋愛に必要なこと4つ

相手と依存関係になってしまうようなダメ恋にはまってしまう女性というのは、実は毎回ダメ恋...

執着 愛情 勘違い 恋愛 女子 特徴

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる