もちもち食感がたまらない♡新感覚パンケーキ『ダッチベイビー』

LIFESTYLE

日本に上陸した、アメリカ・ポーランドのパンケーキチェーンの看板メニュー『ダッチベイビー』♡
早くも人気を集めているようですが、一体『ダッチベイビー』とは…?!

ダッチベイビーってなあに?

引用:www.recipe-blog.jp

『ダッチベイビー』はフライパンではなく、オーブンでじっくりと焼き上げたドイツ風パンケーキのこと。
通常のパンケーキ記事ではなくて、ジャーマン生地と呼ばれる卵をふんだんに使用した特別な生地を使用します♡
生地はサクサクふわふわ♡としていて、シュー皮のような味わい♪

今から60年以上も前にアメリカの老舗パンケーキ店「オリジナルパンケーキハウス」の二代目オーナーが考えた名前と言われています。
もともとはジャーマンパンケーキという名前で販売されていたのですが、大きすぎて残してしまうひとが続出したそう。そこで二代目オーナーが食べやすい大きさに変えて販売するととても人気が出ました♡

お店のひといわく、アメリカで知らないひとはいないとのこと…!
またオランダの名前を取り、ダッチ(お年寄り)からベイビー(赤ちゃん)まで食べてもらいたいという願いを込めて『ダッチベイビー』という名前をつけたそうです♡

『ダッチベイビー』の美味しい食べ方♪

やっぱりパンケーキというとホットケーキの形のものが多いですが、
ダッチベイビーは形も食べ方も特徴的なんです!

ホイップバター、パウダーシュガー、レモンをたっぷりかけてから食べるのが本場の食べ方なんだそう。

1.ホイップバターを3分の2スプーンで伸ばすように塗る。
2.続いてパウダーシュガーを3分の2回すように振りかける。
3.最後にレモンを2切れ絞る♪

分量は好みによるのですが、すべて3分の2の分量がオススメです♡

味はとっても爽やかでさっぱりした大人向けの甘さです!
レモンの酸っぱさが合わさって、絶妙な甘酸っぱさが楽しめます。

生地は端っこはカリカリで、内側はしっとりしていてモチモチです♡

『ダッチベイビー』が美味しいお店① オリジナルパンケーキハウス

引用:tabelog.com

《オリジナルパンケーキハウス》

ダッチベイビーのオリジナルパンケーキハウスの日本1号店!
お昼には行列を作る人気店です♡
夕方には列も落ち着いてくるのでねらい目かもしれません♪

◆オリジナルパンケーキハウス 吉祥寺店
住所:〒180-8552 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店1F
電話:042-226-6378
営業時間:9:00〜20:00(ラストオーダー19:15)

そして2015年3月27日には原宿に2号店がオープンします!
吉祥寺店とは雰囲気をちょっぴり変え、大人でカジュアルシックな店内に♡
新しいデートスポットになる予感♡

◆オリジナルパンケーキハウス 原宿店
住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿8階
営業時間:10:00〜22:00(ラストオーダー21:00)

『ダッチベイビー』が美味しいお店② L.LovesR. (エルラブズアール)

引用:tabelog.com

《L.LovesR. (エルラブズアール)》

エルラブズアールのダッチベイビーは、なんとドリンク付きで500円で食べることができます♡

宮益坂上の交差点を渡って左手の少し行ったところにエルラブズアールがあります。
お店の前の入り口にはロディ(馬)が何匹か居るので、お店の目印になっています♪

店内もポップな雰囲気で、BGMに外国のラジオが流れています♪

オリジナルパンケーキハウスは、人とシェアするための大きなものでしたが、こちらはひとりで食べるのにちょうどいい、小さなダッチベイビーです。
朝早くからやっていて、とっても行きやすい場所です♡

◆L.LovesR. (エルラブズアール)
住所:東京都渋谷区渋谷1-6-8 渋谷井上ビル1F
電話:03-6450-5364
営業時間:【火-木】8:30~26:00【金】8:30~28:00
     【土】11:00~28:00【日】11:00~22:00

甘さ控えめの新感覚パンケーキの『ダッチベイビー』♡
大きめのサイズで食事変わりにもなります。甘いものが苦手な女の子でも大丈夫♪
休日に食べに行ってみてはいかかでしょうか?