たまに自然が恋しくなる♪都心の緑いっぱいマイナスイオンスポット6選

LIFESTYLE

緑や自然を感じると癒されますよね♡
自然を求めて郊外に出かける人も多いですが、実は都心にもマイナスイオン全開の癒しスポットがあるんです♡
ちょっと息抜きしたい時に立ち寄りたい、都心のマイナスイオンスポットをご紹介します♡

都心で感じられるマイナスイオンスポット①国立科学博物館 附属自然教育園

出典:www.ins.kahaku.go.jp

国立科学博物館 附属自然教育園は、まるで山の中のような広大な土地が魅力です。
都心の真ん中である目黒駅からほど近い、白金台にこんな緑が溢れる場所があるなんて信じられないくらい!

木の枝がアーチ状になった下を散策する場所は、特にマイナスイオンのパワーが強いといわれているようです。

◆国立科学博物館 附属自然教育園
住所:〒108-0071 東京都港区白金台5-21-5
電話:03-3441-7176
開園時間:9月1日〜4月30日 9:00 〜16:30/5月1日〜8月31日 9:00 〜17:00
アクセス:JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線 目黒駅より徒歩9分

国立科学博物館 附属自然教育園

都心で感じられるマイナスイオンスポット②根津美術館

出典:www.facebook.com

根津美術館には、マイナスイオンをたっぷり浴びることができる広大な日本庭園や、庭園を眺められる開放的でモダンなカフェがあります。
都心のオアシスともいわれるほどの人気スポット♪

四季折々の花が咲く庭園には池や茶室もあり、心が癒される和の空間です。

◆根津美術館
住所:〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1
電話:03-3400-2536
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅より徒歩8分

根津美術館

都心で感じられるマイナスイオンスポット③有栖川宮記念公園

出典:www.arisugawa-park.jp

有栖川宮記念公園は麻布台地の地形をいかして造られた公園。
丘や溪谷があり、まるで森の中に迷い込んだかのような豊かな自然が魅力です♪

多くの木と2つの滝があり、たっぷりとマイナスイオンを感じることができますよ。

◆有栖川宮記念公園
住所:〒106-0047 東京都港区南麻布5-7-29
電話:03-3441-9642
アクセス:東京メトロ日比谷線 広尾駅から徒歩3分

有栖川宮記念公園

都心で感じられるマイナスイオンスポット④浜離宮恩賜庭園

出典:www.tokyo-park.or.jp

浜離宮公園は江戸時代の代表的な大名庭園です。
明治維新後には皇室の離宮となりましたが、昭和20年に東京都に下賜され、昭和21年より一般公開されています。

池の中にある島にはお茶屋さんがあり、マイナスイオンを浴びながらお茶を頂けますよ。

◆浜離宮公園
住所:〒104-0046 東京都中央区浜離宮庭園1-1
電話:03-3541-0200
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
アクセス:都営地下鉄大江戸線 汐留駅より徒歩5分
     ゆりかもめ線 汐留駅より徒歩7分

浜離宮恩賜庭園

都心で感じられるマイナスイオンスポット⑤明治神宮

出典:www.enjoytokyo.jp

初詣で有名な明治神宮は都心とは思えないほど緑が多く、マイナスイオンを浴びながら散策するのにおすすめの場所です。

原宿駅のすぐ裏側にあるのに、原宿の喧騒がウソのように静かです。
外国人の観光客にも人気なスポット♪

◆明治神宮
住所:〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
電話:03-3379-5511
開園時間:季節によって異なります。
アクセス:JR山手線 原宿駅より徒歩3分
     東京メトロ 明治神宮前駅より徒歩3分

明治神宮

都心で感じられるマイナスイオンスポット⑥六義園

出典:www.tokyo-park.or.jp

六義園は都心にある幻想的な空間です。
初めて訪れると、「なんだか京都みたいで落ち着く」と思う人が多いようです。

桜の季節にはとても賑わう場所ですが、その他の季節は静かにマイナスイオンを浴びながら美しい景色を満喫することができますよ。

◆六義園
住所:〒113-0021 東京都文京区本駒込6-16-3
電話:03-3941-2222
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
アクセス:JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅より徒歩7分
     都営地下鉄三田線 千石駅より徒歩10分

六義園

高層ビルに囲まれて生活していると、たまに恋しくなる自然。
そんな時は都心のマイナスイオンスポットへ足を運んでみませんか?