#噂を着飾るおんなのこ 『東京で恋をすること −TokyoCircle- #20』

東京ではたくさんの人間関係が交差して、絡まって、
大きい一つのサークルみたい。

今すれ違ったあの人は、昔好きだった人だった。
隣のあの子は、わたしが好きなあの人の元カノかもしれないし。

いつも“どきどき、 キラキラ、わくわく”
だけじゃないけれどそれでも恋するのがわたしたち

ゴシップガールの現実

♫今週のBGM「Secret 」/ Pierces

20代になじみのある海外ドラマのひとつ
ゴシップガール。

ゴシップガールから届く、
噂話のメールに
NEWYORKの若者たちは翻弄されていた。

あることないことが書かれていたり
誰も知らないはずのことが書かれていたり・・・
そして書かれている内容から
それぞれの憶測が話を自在に変化させたり

あのドラマの場合
なにより
ゴシップガールの正体が
都会の噂の恐ろしさを
より、強く感じさせた。

ゴシップ好きなのはおんなのこだけ?

 「おんなのこって噂話好きだよね、
 あんまり男はそういう話しないから」

親友の旦那が、
飛び交う女子トークを一蹴した。

「最近RがSちゃんと仲良いらしい」
「仲良いって?どういう仲良し?」
「え?そうなの?RってNちゃんと付き合ってたよね?」
「いや、付き合ってないらしいよ。
 ほんとはNちゃんはDくんのことが好きで
 どちらかというとキープしてるみたい。
 Hくんのこともキープらしいし・・」
「で?RとSちゃんは?」
「Sちゃんが好きなだけでしょ」
「でもなんかよく会ってるみたいよ。
 こないだ温泉に行った話とかしてたし」
「温泉?ってことは泊まり?」
「えー、そういうこと?」
「ていうか付き合ってないのに温泉に一緒に行くとか
 考えられないな」

そんな話と止まらない。
東京の20代がみんなつながってる、
というのは全然大げさな話じゃない。

噂のちから

「でも、おとこのこも、
 聞こえてきた噂は気にするよね」

親友の旦那は女子会に妻を迎えにきただけで
そもそもこういう場に
一緒に参加するタイプではないから
彼のその感想は本音だと思うけど
女子会に参加できる系のおとこのこの中には
噂による評判に左右される子たちも少なくない。

’’RくんもHくんもキープしているDくんのことを好きな’’
おんなのこが
いくら魅力的でも
その噂を気にして誘わないおとこのこもいるだろう。
本当のことなんて
当事者にしかわからないし
本人たちだってわからないことだってあるのに。

「好き」
の言葉の重みは人によって違うし
その言葉が
本当か嘘か
瞬間的な想いか継続的な想いか
そんなことはわからないから。

噂で好きなひとを囲い込む

後日、親友とお茶へ行くと
彼女が会うなりこう口火を切った。

「ね、RとSちゃんが仲良いって話あったじゃない?
 あれ、Sちゃんの嘘らしいよ。」

「え?どういうこと」

「ほら、そういう噂が流れると
 みんなあそこいい感じなんだな〜ってなるじゃない?
 で、Rから誘われたりしてもちょっと行くか躊躇ったり」

ぎくっとした。
何度か飲みの席で会ったことのあるRは
わたしにとっていい友達だったけど
2人で出かけよう、というLINEが届いた。
Sちゃんとの噂を聞いていたから
わざわざ彼と出かけなくてもいいかなと
予定が合わないようなフリをして断っていた。
親友はそこまで見越してその発言をしていた。

「おかしいなー、と思ったんだよね。
 2人で出かけたこともないんだってさ。
 温泉なんて、どこからそんな話!って
 Rはちょっと怒ってたよ。」

Sちゃんは、
噂を流すことで好きなひとのひとりである
Rを囲い込もうとしたんだ。
今回は’’バレて’’しまったけど
そうやってうまく噂を操り
自分の計画とおりことを進め
噂で自分の価値を上げてみたり
噂で着飾るおんなのこはいるんだろう。

ただでさえ本質が見づらい街で
どうしてそんなこと、
と考えていると親友が一言
「賢くなるのと、ずるくなるのは種類が違うからね」
と言った。

恋愛 海外ドラマ 恋愛テク いじわる片想い

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

一木美里

一木美里 Misato Ichiki
歌手/DJ/SamanthaThavasaGroupブランドレップ/コラムニスト
198…

>もっとみる