ガーリーの代表誌♡LARME(ラルム)風ドーリー顔になる3つの法則

BEAUTY

ふわふわした独特の世界観、お人形みたいなモデルさん、ガーリーなファッションなど......
女の子が可愛いと思うものをギュッと詰め込んだ雑誌、LARME(ラルム)。
今回は、てっとり早くLARME(ラルム)顔になれる3つの法則をまとめてみました! 

LARME(ラルム)ってどんな雑誌♡?

出典:www.amazon.co.jp

LARME(ラルム)は、『甘くて、可愛い♡女の子のファッション絵本』がテーマ。
編集長の中郡さん曰く、
『タイトルのLARME(ラルム)はフランス語で涙という意味。この雑誌が、悲しい時に流す涙の代わりとして女の子を癒せる存在になってほしい』 
という願いも込めたのだとか。なんだかロマンチック♡
中郡編集長が更新しているTwitter @larmemagazineも必見ですよ♪  

ちなみにHPはこちら♡
http://www.larme-magazine.jp/

売り切れ必須のLARME(ラルム)を確実に手に入れるには、奇数月17日の発売日に本屋に直行すべし! 

<LARME(ラルム)顔法則①>アイメイクはブラウンで統一

アイラインやマスカラ、つけまつげといえばブラックが主流だったけど、LARME(ラルム)顔=甘顔になりたいのならブラウンにチェンジ! 

ブラウンなら濃くしてもキツくなりにくく、ふんわり優しい目元が作れます。
RMKのブラウンマスカラや、ラブ ライナーのブラウンアイライナーがオススメです♡

ひとつ注意することは、「甘め=タレ目」だと思って、アイラインを目尻にオーバーに描いたり、つけまつげを目尻に5ミリ以上もオーバーして装着したりすると、やりすぎ感が出るのでNGです。

あくまでもナチュラルに♡
ブラウンにするだけで甘め感はかなり出ますよ♡

<LARME(ラルム)顔法則②>まゆ山を消して平行眉に!

出典:curet.jp

太眉がトレンドですが、それに加えて眉山をつけない平行眉がLARME(ラルム)顔。

かといって、自眉を抜いてしまうと不自然になってしまうので、コンシーラーで消すのが得策です! 
ちなみに、コンシーラーは固めのテクスチャーの方が消しやすいのでオススメ♪ 

さらに眉山を消したら、パウダーをのせてふんわり眉に仕上げるのもポイントのひとつ。
ペンシルだとキリッとなりすぎてしまうので、細〜太ブラシを使ってパウダーを駆使しましょう!

<LARME(ラルム)顔法則③>チークは肌なじみの良い朱赤をセレクト

出典:news.livedoor.com

パウダーチークだと色が浮いてしまったり、乾燥する今の時期は粉をふいてしまいがち......

そんなときの救世主は、クリームチークや、リキッドチーク。
ぽっとふんわり色づいた、内側から滲みでる湯上がりみたいな頬がとってもキュート♡ 

頬にチークをのせたら、ムラにならないように素早く指の腹で優しくトントンっとなじませるのがポイントです。
さらに肌なじみを良くするために、上からパフを抑えましょう。

頬の外側にのせると顔が大きく見えてしまうので、小鼻の横辺りの内側からのせていってくださいね♡

LARME(ラルム)顔になるには、「甘い・ふんわり・優しい」がポイント。
色やちょっとしたメイクのやり方で簡単に叶うのでぜひ実践してみて! 
ふわふわ〜と柔らかいオーラを放つガーリーな顔が理想です♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。