こんな回答欲しかった!「お坊さんお悩み相談室」でお悩み解決♡

LOVE

本当のお坊さんがお悩みに答えてくれるサイト「hasunoha(ハスノハ)」をご存知ですか?
このサイト、実は人気すぎて、書籍化もされるほどなんです!

サイト内のいわゆる「いいね!」は、「有り難し」となっているなど、ユニークな構成も人気♪
「こんな回答、待ってました♡」と感心してしまう、女子のお悩み解決をご紹介します。

「お坊さんお悩み相談室」でお悩み解決♡《恋愛編》① 煩悩だらけです

年上の彼とお付き合いをし、「彼の役に立ちたい」との願いを募らせる女性。
しかし彼にはこの気持ちが重く、ついに「時間を置きたい」と言われてしまいました。

この思いをお坊さんに相談し、「気持ちを改め、そばにいたい」と彼に伝えるべきでしょうか?と問いています。

もし友達からこのような相談をされた場合には、「今はそっとしておいてあげたら?」「彼との関係の傷をこれ以上深めたくないなら、何もしないのが身のためだよ。」なんてアドバイスしがち。
しかし、お坊さんの答えは違いました!

「一期一会を大切に。」
つまり、私たちが想像しているような“明日”は、本当に訪れるかなんてわからないのです。今ある出会いに感謝し大切にし、そして後悔のないように努めることが常なのです。

「彼に、思いを伝えてみたら?」と、なんだか背中をポンと押されたような気持ちになりますよね♡

「お坊さんお悩み相談室」でお悩み解決♡《恋愛編》② 失恋しました

3年半前からずっと一人の男性に恋をし、告白もできず片思いをしていた女性。
「次に会った時こそ、告白をしよう!」と決意した矢先、その彼が結婚をしたことを知ったそうです。

「あの時告白していれば……。」なんていう後悔と、煮え切らない思いを抱え、どう行動するべきなのかとお坊さんに相談しています。

大切な友達がこうした状況下に置かれていたら……。
心行くまで慰めるか、もしくは魔が差して不倫をすすめてしまうかもしれません。

しかしお坊さんの一言は「前進する絶好のチャンス!」でした。
「どういうこと?」と疑問に感じてしまう人もいるでしょう。

長きに渡って一人の人を想った女性の気持ちは、純粋でとても美しいものです。この気持ちを、もし彼が結婚したタイミングで相手に伝えてしまったら……。それは、相手からしたら、毒ガスを浴びせられてしまったような気分になるだけ。

ここは、自分の感情にピリオドを打ち、美しい思い出と美しい感情をそのまま胸にしまうことが大切だとお坊さんは話します。それと同時に、この先の新たな出会いの扉を開けることができる、絶好のチャンスでもあるのです♡

「お坊さんお悩み相談室」でお悩み解決♡《恋愛編》③ 恋とか好きってなんですか?

「今までは友達や知り合いのことを好きになっていたのに、最近なぜだか行きつけのスーパーの店員さんが気になる。」という女性。
知り合いでもない人のことが気になるって、どういうことなの?これは恋と呼べるのかな?と悩んでいます。

いっそ、連絡先を渡してみようかと考えてもみますが、不審者っぽく思われてしまったらいやだなと考えると、行動に移すことも重い腰が上がらないとお坊さんに相談しています。

私だったら、「どんな性格の人かもわからないし、やめておいたら?」なんてアドバイスしてしまうかもしれません。
しかしお坊さんは、「連絡先を渡してみても、良いと思います。」と回答しています。

中年男性が若い女性の店員さんに連絡先を渡していたら……確かにちょっと不審者っぽいですよね。
しかし若い女性から男性の店員さんに連絡先を渡したことがデートのきっかけになる、というのは、実はよくあること♡
思い切って行動に移し、そこからどんな人かを知るのも良いのではないでしょうかとお坊さんはアドバイスしています。

「お坊さんお悩み相談室」でお悩み解決♡《仕事編》 逃げ出したい

学生時代からの逃げ癖が治らず、仕事を転々としている自分の人生。
そんな逃げ癖がダメだとわかっていても、仕事中につい「かえりたい」と呟き、逃げたくなってしまうことに悩んでいる女性がいました。

「どうしたら逃げ癖が治りますか?」と問う女性に対してお坊さんは、「残念ながら、逃げ癖は簡単には治りません。」と回答しています。

人間とは、繰り返すことで身体と口と意識に癖がついていくもの。
何年も逃げ続け、そして「かえりたい」と呟くくせは、残念ながら既に体にも口にも意識にもインプットされてしまっているのです。

お坊さんは、「賢い人は、人前でネガティブな姿を隠している」と話します。
愚痴をこぼすことでネガティブな意識は伝染し、世の流れを乱します。人の前向きな流れを乱すことは、一番やってはいけないこと。

これが起こらないためにも、自分自身で前向きな言葉をつぶやき、日々前進することが大切なのです。
その証拠として、お坊さんは毎日仏様に向かって、尊敬と感謝の念を呟いているのです。

「お坊さんお悩み相談室」でお悩み解決♡《人生編》 価値観なんて存在しない

精神的に辛い思いをし、心療内科でカウンセリングを受ける女性。
何とか辛い思いをせずに過ごしたいと思っていますが、カウンセリングの先生に「自分の価値を見出しなさい」と言われ、この一言に苦しんでいると話しています。

「人に喜んでもらうことに、価値を感じる」と話せば「他人の価値に依存しているのは良くないこと」と批判される始末……。どう過ごせばつらくないのか、とお坊さんに相談しています。

お坊さんの回答は、「全てのものに価値は存在しない」という、少し拍子抜けするようなものでした。
でも実は、これは大きな意味を持っています。

ごみが目の前に落ちていたから、拾う。
この行動は、結果として目の前のごみが無くなって気持ちが良いし、時には人に感謝されることもありますよね。
こうした程度のことを積み重ねていくだけで十分だ、とお坊さんは回答しています。

それに対して、「『ありがとう』とお礼を言えないなんて、失礼な人だ!」などと、感情的になる必要はないのです。
目の前に起こっている事実を受け止め、もしそれに対して怒りたいのであれば、怒り、悲しみたいのであれば、悲しむ。
自分の感情に正直に過ごせば、そうした感情も時とともに消えていくものなのです。

意外と自分の悩んでいることは、前向きな方向へ進むための通過点なのかもしれません。
まさに、「こんな回答を待っていました!」と言いたくなってしまうような、頷ける回答ばかりですよね♡