恥をかいている人から目をそらしたい。「共感性羞恥」って?

LIFESTYLE

ドラマの主人公がミスをして上司に怒られているとき、“周りの同僚にクスクス笑われ、主人公が恥ずかしそう……”なんてシーンがたまにありますが、このような恥をかいている人を見ると、目をそらしたくなりませんか?この心理現象は「共感性羞恥」といいます。
さっそく、共感性羞恥について詳しくご説明しますね。

恥をかいている人を見ると辛い……。「共感性羞恥」って?

共感性羞恥とは、他人が恥ずかしいと感じているのを察すると、見ている側も恥ずかしくなってくるという心理現象です。

テレビを見ているとき、「タレントさんがボケてスベると、それを見ていた自分の顔が赤くなる」「アタフタしながらプレゼンをする同僚を見ていると、自分もソワソワする」のも、この現象が起こっているからです。

恥ずかしさが伝染してしまうのです。

恥をかいている人を見ると辛い……。「共感性羞恥」反応を見せやすい人って?

では、共感性羞恥反応を見せやすい人はどんな人なのでしょう?

大きく分けると、「女性」「思春期」「感受性が強い」「同情心が強い」「やさしすぎる」といった、特徴を持った人が反応を見せやすいようです。

特に“繊細すぎて生きづらい”と感じている人は、他人の恥ずかしい気持ちをそのまま受け取りがちです。

恥をかいている人を見ると辛い……。なぜ「共感性羞恥」が起こるの?

ではなぜ、共感性羞恥が起こるのでしょうか?

この現象の明確な原因はわかっていないようですが、「見てはいけないものを見てしまったので、自分を隠したい」、「恥をかいた人と同類だと思われたらどうしよう……」と感じるからではないか、といわれています。

自己防衛本能の一種なのかもしれませんね。

「共感性羞恥」は被害妄想のようなもの。妄想と現実を瞬時に分けて!

共感性羞恥が起こるのをできるだけ避けたいという人は、日頃から「人と自分は違う」という考えを、強く持ってください。

共感性羞恥は被害妄想のようなものなので、他人に自分をコントロールされないように意識して気をつけましょう。

また共感性羞恥に限らず、このような不快な心理状態のときは、1つのことにとらわれてしまっていますよね。
視線をずらして、思い込みの世界から抜けてください。

妄想と現実を瞬時に分ける力をつければ、共感性羞恥によるストレスを減らせそうです。

共感力があるのは素晴らしいことですが、その力が高すぎると生きづらいですよね。
共感から生まれた感情をコントロールする力も鍛えて、自分と上手く付き合っていきましょう!