今日からあなたも愛され女子♡「神対応と塩対応」の分かれ道とは?

説明するまでもないですが、驚くほど行き届いた対応を「神対応」といいます。
一方で、驚くほど冷淡な対応を「塩対応」といいます。
できることなら神対応したいですが、なぜか塩っぽいイメージがついていると、悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

では、神対応と塩対応の分かれ道とは、一体何なのでしょう?早速、探ってみましょう!

「神対応と塩対応」の分かれ道はなに?:表情や声のトーンの違い

表情ひとつで印象は、大きく変わります。

例えば、同僚に仕事を頼んだとしましょう。
笑顔で引き受けてくれると、頼んだ側はホッとします。
一方で、無表情で引き受けられると、「怒らせてしまったかな?」と不安になりますよね……。

いつも無表情な人は、オーバーなくらい感情を顔に出す練習をすると、イメージが変わるかもしれませんね♪

また、声のトーンが低すぎると、威圧感を与えてしまうことも……。
少しだけ高めのトーンを意識してみましょう!

「神対応と塩対応」の分かれ道はなに?:だれにでも平等に接するか

本当に神対応ができる人は、どんな時もだれに対しても、平等に接します。

例えば、いつも優しい彼氏とご飯を食べに行ったとしましょう。
注文を取りに来た店員さんが、些細なミスをしてしまうこともありますよね。
そんなとき表情を変え、あからさまに冷たい態度を彼がとると、幻滅しませんか?

神対応なイメージがある人のこのような塩っぽい一面には、大きな落差を感じてしまいます。千年の恋も冷めてしまうかもしれませんね……。

相手によって態度を変えてしまいがちな人は、誰にでも平等に接することを心がけてみましょう。

「神対応と塩対応」の分かれ道はなに?:忙しくてもできる範囲で対応する!

忙しくて心に余裕がないときは、その人らしさが1番出るときでもあります。

忙しいときに友達に悩みを相談されると、忙しいことを理由にして、つい後回しにしてしまいがちになっていませんか?

本当に神対応ができる人は、どんなに忙しくても、できる範囲で対応します。

例えば、通勤時の電車の中で友達にアドバイスを添えたLINE(ライン)を送ったり、多忙な時期が過ぎたら、受け入れてくれた彼にプレゼントを送ったりして、感謝の気持ちを伝えるようです♪

そのときできる精一杯のことをすると、充実感から余裕を感じることもできますよ!

「神対応と塩対応」の分かれ道はなに?:見栄や強がりを捨てる

普段から見栄を張ったり強がったりすると、塩対応なイメージがついてしまうことも。

見栄を張って相手より優位に立とうとすると、だれかを傷つけてしまうかもしれません。
また、本当は大好きなのに、強がって気になる彼にそっけない態度を取ってしまうと、彼は「僕のこと嫌いなのかな?」と感じてしまうことも……。

時には見栄や強がりを捨ててみませんか?

「神対応」できる女を目指したいなら、ありがた迷惑にならないように!

神対応と塩対応の分かれ道は、とても些細なことです。
神対応できる人を目指すなら、ありがた迷惑にならないように気をつけましょう。

なんでもかんでも聞いたり、相談されていないのにアドバイスをし続けたりすると、ありがた迷惑だと思われてしまうことも……。

常に親切を押し売りするのではなく、引くべきとき、押すべきときを見極めてください!
これが本当の親切です。

このようなことを心がけると、知らず知らずのうちにサラッと気配りができる、本当の神対応なモテ女になっているかもしれません♡
神対応と塩対応の分かれ道、そして神対応ができる人になるための心がけをご紹介しました。
相手を思いやる心を十分に持つことができれば、自然に神対応ができるようになるかも……♡

【関連記事】いつでも新鮮な印象♡春からあなたも好かれる「フレッシュ女子」に

みなさん、春はもうすぐそこですよね。新たに環境が変わる人が多くいらっしゃると思います。...

神対応 塩対応 分かれ道 モテ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、キュレーター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる