仕事力アップ!「洞察力」の鍛え方って?

タスク管理にスピード……「仕事力」に欠かせないものを挙げると、キリがありません。
ここでは、特に大事な『洞察力』に注目します。
洞察力が鋭いことによる「メリット」そして、「鍛え方」をご紹介します☆

<洞察力が鋭いことによるメリット>「見えなかったものが見える」・「物事の本質が見抜ける」

「洞察」とは、物事を“観察”し、その本質・奥底にあるものを見抜くことです。
この力を、『洞察力』と言います。

つまり洞察力を鍛えれば、見えなかったものが見えるようになったり、物事の本質が見抜けるようになるんです。

本質が見抜けると、鋭い意見が言えたり、要領よく仕事ができるようになります。

また、洞察力が鋭い人は、人望が厚い人が多いです。
公私ともに、好転の連続となります♪

<洞察力が鋭いことによるメリット>「気配り上手になる」・「行動力が上がる」

洞察力が鋭い人は、ちょっとした変化に気付くんです。

つまり『気配り上手』になれます!
さらに、気配りが上手になると、褒め上手になれますよ♪

【他人の変化に敏感になる=相手を思いやる】気持ちが強くなるんです。
これも、公私ともに大切な気持ちですよね。

さらに、この気持ちは、『行動力』を上げます。
行動力は、仕事を好きになるキッカケに繋がります☆

《洞察力を鍛える方法》「世間で起きていることを知り、それについて考える」

ここからは、「洞察力を鍛える方法」をご紹介します。

まずは『世間で起きていることを知り、それについて考える』。
洞察力を鍛えるには、「知ること」・「答えより考える」ことが大切です。

私の知人にも、洞察力が鋭い人が何人か居ますが、新聞やニュースを小まめにチェックし、情報収集を欠かさない人達ばかりです。

政治のニュースを見たら、答えを待つのではなく考えて、自分の意見を見つける練習をしてみましょう。

《洞察力を鍛える方法》「情報の整理をする」

物事の本質を見抜くには、『情報の整理』も大事なポイントです。

情報社会と言われてる今、情報は把握しきれない程、たくさんあります。

どれを信用すればいいのか、優先するのか。
情報の整理をすることも、洞察力を鍛える一歩です☆

《洞察力を鍛える方法》「推測を手放す」「偏見を持たない」

私も最近、洞察力を鍛えています。

個人的な考えですが、鍛え始めは「推測」は不要だと思っています。
推測を手放すようにしましょう!

物事の本質を見抜くためには、推測も必要なのかもしれません。
しかし「正確な洞察力」を身につけるまでは、推測は真実を求める洞察の邪魔になることがあります。

また偏見を持たないようにっ!
偏見は、推測以上に洞察の邪魔になります。
偏見から生まれるものは何もありません。

《洞察力を鍛える方法》「観察力」が大事!「人混みを交わす人を見る」

最初に「洞察」の意味を書きましたが、洞察は物事を「観察」することから始めます。
つまり『観察力』がないと、洞察力は得られないのです!

観察力は、相手の動き・表情・癖など、瞬間を見逃さない力です。
見える情報も大切なんです!

観察力を鍛えるには、人混みを交わす人を見るのがおすすめです☆

スクランブル交差点を見ているだけでも、動き方・交わし方が違って面白いんですよ♪
洞察力が鋭いことによる「メリット」と、「鍛える方法」をご紹介しました。
洞察力が長けている人って、やっぱり魅力的な人が多いです。
上記のようなことを心がけて、人生を好転させましょう♪

洞察力 鍛える 方法 鍛え方 仕事力

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる