英語を仕事にしたい子必見♪《通訳案内士》の試験に合格するには?

LIFESTYLE

お客様のニーズに応え、喜んでもらえるやりがいのある仕事「通訳案内士」。
通訳案内士になるためには試験に合格する必要があるということをご存じですか?
通訳案内士を目指している人のために、通訳案内士試験に合格する方法をご紹介します。

通訳案内士試験って?

引用:www.amazon.co.jp

通訳案内士になるためには通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録も受ける必要があります。

通訳案内士試験の外国語の種類は、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語、ポルトガル語、イタリア語、韓国語およびタイ語、ロシア語となっています。

この通訳案内士試験は、年齢や性別、学歴、戸籍などに関係なく受験を受けることが可能です!!

通訳案内士の仕事内容とやりがいとは?

日本の法律「通訳案内市法」の規定によって、外国人に付き添い外国語を使って旅行案内をする仕事のことを「通訳案内士」といいます!

「通訳案内士」を通じて、海外の方へ日本の文化や歴史などの素晴らしさを伝えることができます。

通訳案内士の試験に合格し、通訳案内士になれば、自分の旅行ガイドによって、日本のいいところをたくさん伝えることができます!
海外の方は日本をもっと好きになってくれるかもしれません♡

通訳案内士の試験に合格するためには?

引用:shikaku07.com

通訳案内士試験の合格者は7~8人に1人といわれており、決して簡単な試験ではありません!!

通訳案内士試験に合格するためには、語学力以外の知識も必要となってきます。

通訳案内士の一次試験では、日本語による歴史や地理、一般常識のテストを行う必要もありますので、外国語以外にも日本について勉強しておく必要があります!

通訳案内士試験合格の為の勉強のポイント!

通訳案内士試験ではまず最初に一次試験があります。
この一次試験は、最も合格率が低いといわれていますので、勝負の分かれ目となってきます‼︎

一次資源の日本語による問題には「観光」にまつわる問題が出題されることが多くあります。
世界遺産、全国の国立公園や観光地などは完ぺきに覚えられるようにしておくことが、合格のポイントです◎

いかがでしたか?
お客様の笑顔を直接見届けることができ、日本の素晴らしさも伝えることができるやりがいのある仕事「通訳案内士」。
しっかり勉強して努力をすれば、あなたも絶対に通訳案内士試験に合格できるはずです♡