シアー感が重要!オシャレでセクシーに「赤グロス」をまとう術♡

BEAUTY

顔が華やぎ、トレンド感がプラスされるとして今注目を集めている「赤グロス」。
流行にのって買ってみたものの、実際塗ってみたらものすごいインパクトで、オシャレとはほど遠い……。
そんな仕上がりに驚いてしまった人はいませんか?
赤リップをつけるうえで重要なのは、「シアー感」♡赤グロスをセクシーにまとうテクニックをご紹介します。

オシャレでセクシーに「赤グロス」をまとう術▶唇のくすみをとる

見た目も可愛い赤グロスは、コスメカウンターでひときわ目を引く存在。

今トレンドのコスメとあって、手に取る人も多いのですが、実はそのままた塗るだけでは、思っていたものとは違ったイメージになってしまう難しいアイテムでもあるんです。

まず、赤グロスを塗る前に手順を踏むことを頭に入れておきましょう。

カラーをキレイに発色させるために、唇のくすみ対策をとることが大切。ベースとしてリップクリームで保湿をし、コンシーラーをくすみが気になる口角になじませましょう。

さらに塗り終わったパウダーファンデのパフ(ほんの少しパウダーファンデを含んだ状態のパフ)を使い、唇全体を押さえます。

すると元の唇の赤みやくすみが抑えられ、赤グロスが映える唇が整います。

オシャレでセクシーに「赤グロス」をまとう術▶リップクレヨンで土台作り

唇のくすみを抑えた後、いきなり赤グロスを塗るのはまだ早い!
その前の、土台を作る工程が大切なんです。

発色しすぎず、色の濃さが調整できるリップクレヨンを選んで、赤グロスのベース作りをしておきましょう。

リップクレヨンは、リップペンシルのように簡単に唇の輪郭を描くことができるのに、リップペンシルほどしっかり発色しないので、後にグロスを重ねるときに使い勝手の良いアイテムなんです♡

この段階では、あまりリップクレヨンの発色は重視しません。
あくまでも、次に重ねる赤グロスのベース作りと考えてOKです。

オシャレでセクシーに「赤グロス」をまとう術▶赤グロスを重ねる

唇のくすみを抑え、土台作りができたら、いよいよ主役である赤グロスを重ねます。

この時突然唇全体にグロスを塗ってしまうと、想像以上に真っ赤になってしまったり、テカテカしすぎてしまう危険があるので要注意!

まずは、唇の中央のみにグロスをのせ、それを少しずつリップラインに向けて伸ばしていきましょう。

ここで意識するのは、テカりすぎない上品な仕上がり。過剰なテカりは、せっかくの可愛らしい赤のカラーを下品に見せてしまいます。

リップクレヨンで縁取った輪郭まで、グロスを伸ばさず仕上げると良いですよ。少しずつ塗って重ねていくことで、好みの濃さに仕上げることができます♡

オススメは、中央だけ濃くする塗り方。
まるで果実をまとったように、ジューシーで派手すぎない仕上がりなので、ファッションともなじみが良く、可愛らしい印象に見せてくれます。

春夏の明るくカジュアルな装いをセクシーに見せてくれるのは、赤グロスで決まり♪
下品になりすぎない、適度な塗り方をマスターして、オシャレにつけこなしてくださいね。

オシャレでセクシーに「赤グロス」をまとう術▶引き算メイクを心掛ける

最後にご紹介するのは、赤グロスをつける際には“引き算”が大切であるということ。

普段濃いめのアイメイクをしている人や、チークをはっきりと入れている人は、より意識してみましょう。

たとえば、アイカラーの色数を抑えたり、眉を太めに描いたり。

アイカラーは明るめのベージュのアイシャドウだけで仕上げて、わざとスッピン風を演出して唇に赤グロスをつけるのもオシャレですよ♡

トレンドのコスメや見た目が可愛いコスメは、つい手に取って購入してしまいますが、使い方をマスターしていないと、想像とは全く違う仕上がりになり、それ以降手をつけずにお蔵入り……。
なんていう事態になりかねません。
今の時期に楽しみたい赤グロスは、ベース作りに時間をかけ、少しずつ重ねることで、上品かつセクシーに仕上がるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。