外国人と付き合いたくなる♡世界のレディーファースト事情

LIFESTYLE

日本人男性の中にも、紳士的にエスコートをしてくださる方はたくさんいますが……「日本ではレディーファーストがなっていない」と言われています。
ということで今回は、世界のレディーファースト事情をご紹介します。
これを読んでキュンキュンしてください♡

【イタリア】

イタリアの男性は「女性を褒める」のが上手です。
理由は、イタリアの文化にあるのでしょう。

イタリアでは子供は褒めて育てるなど、褒めるということが当たり前の行為なので、イタリア人男性は恥ずかしがることなく、女性を堂々と褒めることができるのです。

【フランス】

フランスの男性は「パートナーと常に一緒」にいます。

奥さん・彼女を置いて自分だけどこかに出かけるというのは、とても珍しいことのようです!

確かにフランス映画を見ていると、カップルが常に一緒にいるイメージがあります。

また、フランスの男性は「家事を積極的にする」そうです。
フランスでは高校卒業後、1人暮らしを始める方が多いようなので、それも理由のひとつなのかもしれません。

【アメリカ】

アメリカの男性は「レディーファーストの塊」のようなもの!
子供の頃から教え込まれているようです。

お店に入る時は見ず知らずの女性に対しても、笑顔でドアを押さえその女性を先に通すなど、スマートなレディーファーストをします♡

【台湾】

台湾の男性は「マメな性格」で知られています。

連絡を頻繁にくれるのはもちろんこと、日本とは逆で、食事は男性が取り分けるのが当たり前なようです。

私の知り合いにも台湾人男性がいるのですが……恋愛関係ではないにも関わらず、会う約束をすると私の家の近くまで迎えに来てくれようとします!
台湾では、男性が女性を送り迎えするのが常識なんだとか。

また、会う度にプレゼントもくれるそうです!
台湾人男性の彼女になれたら、お姫様気分が味わえそうですね♡

【韓国】

韓国の男性は、カバンを持ってくれるだけではなく、なんと靴まで履かせてくれるそうです!
韓国では、男性が女性に対し「尽くすことが常識」なんだとか。

また、サラっと女性が照れることを言うそうです♡
韓流ドラマを見ていると、わかる気がします。

ちなみに韓国に留学経験のある方が言うには、韓国人男性と日本人女性は相性が良いそうですよ♡

キュンキュンできましたか?♡
海外では女性をエスコートするのが男性のマナーのようですが……レディーファーストに対し感謝の気持ちを忘れずに!「ありがとう」と伝えてください。