せっかくのダイエットも台無し!?大切な日に避けるべきNGフード

BEAUTY

誰もが憧れのぺったんこなお腹。水着や薄着になることが多くなるこの季節…自分のお腹がいつも以上に気になったりしませんか??
水着を着たりお泊まりをする大切な日!実は、この日の為にダイエットをがんばっても台無しにしてしまう食べ物があるんです!そんな、前日&当日は避けた方が良いNGフード教えます♡

お腹ぽっこりフード①「アブラナ科の野菜などの繊維豊富な食べ物」

ダイエットや健康のためにはかかせない“野菜”。実はこの野菜が前日&当日NGフードの1つなんです!!

具体的には、「アブラナ科」に属するキャベツ、大根、ブロッコリー、カリフラワーなどがNG。この子たちは消化しきれない繊維が多いため、いつも腸内のバクテリアが消化をしてくれています。
しかしこのバクテリアは、消化の働きと共に腸内でガスを発生させるので、どうしてもお腹がぽっこりしてしまうんです。

ヘルシーで毎日食べたい野菜ですが、前日や当日は野菜の種類に注意してくださいね♡
ちなみに、繊維が豊富な食べ物はどれもガスを発生させやすいので、全粒粉や穀物系の食べ物もこの日だけはできるだけ避けた方がいいかもしれません!

お腹ぽっこりフード②「塩分たっぷりのしょっぱい系食べ物」

コンビニ弁当やお惣菜、外食って想像以上に塩分が多いです!塩分は体に水分をためこむ性質があるので、結果むくんでしまい、ぽっこりお腹ができあがってしまいます。

注意しなければならないのが、カロリーは低いのに塩分が高いもの。ダイエット中だとカロリーばかりに目が行きがちですが塩分にも要注意ですよ!

例えば、ダイエットの味方である“ノンオイルドレッシング”もその1つ。カロリーは低いけど、実は塩分と糖分が多く入っているものが多いんです。なので、ドレッシングは普段からできるだけ手作りがおすすめ♡
お気に入りのオイルにレモン汁とお酢など、家にあるものをちゃちゃっと混ぜ合わせるだけで十分美味しく、さらにヘルシーなドレッシングが作れちゃいます♪

お腹ぽっこりフード③「牛乳やヨーグルトなどの“乳製品”」

腸内環境を整えるためにヨーグルトを毎朝食べているという人も多いかもしれません。しかし、実はこのヨーグルトもぽっこりお腹の原因になっている可能性が…。

便秘にいいと聞くから食べているのにぜんぜん効かない…むしろお腹が張ってるような気がすると感じたことがある方は特に注意してみてください!

「乳糖不耐症」といって、乳製品にお腹が敏感に反応してしまう体質の人がいます。この方々は、乳製品に含まれる“乳糖”が体に合っておらず、乳製品を食べると消化吸収がうまくできません。そのため、それが腸にとどまってしまい、発酵し続けることによってガスが溜まってしまいます。

気になる方は1週間くらい乳製品をやめて、様子を見てみてくださいね!

おなかぽっこりフード④「炭酸飲料やガム」

夏の暑い日やお風呂上りなどに飲みたくなる炭酸飲料。これも、この泡が腸や胃に入ってしまうことでお腹にガスを溜め込んでしまうのでNG。

コーラなどの砂糖たっぷりの炭酸はもちろん!美容やダイエットによいと注目されている糖分の入っていない炭酸水もダメです。

あと、ガムにもご注意を!ガムを噛んでいると、そんなつもりはなくても空気を飲み込んでしまっています。その空気がお腹を膨らませる原因になるので、水着を着る当日はマウスウォッシュなどで代用して乗り切りましょう♪

野菜や炭酸水やヨーグルトは積極的に摂りたい食べ物ではあるけれど、ぽっこりお腹を避けたい大切な日の前は避けておきましょう!これを知っておけばお泊りデートや旅行だって安心です♡