彼に嫌われたくない!嫉妬だって可愛くしなくっちゃ♡

LOVE

どうしても彼に嫉妬してしまうときってありますよね。
嫉妬には、可愛い嫉妬と可愛くない嫉妬があるんです♡
どうせなら彼に嫌がられないように嫉妬しちゃいましょう!

可愛い嫉妬と可愛くない嫉妬①「一方的な嫉妬」は彼に嫌われる

男子は女子に嫉妬されると、大抵の場合「こいつ可愛いな!」って思うんです♡

しかし、嫉妬はやりすぎてしまうと可愛くなくなってしまいます。
彼にも可愛いって思われるどころか重いって思われてしまうことも……。

一方的に攻めすぎる嫉妬は重たくて、彼の気持ちの負担になってしまってしまいます。
彼のことが心配で嫉妬するときは、重たくならないようにしましょうね。

可愛い嫉妬と可愛くない嫉妬②怒るのではなく、「心配する」

例えば、「彼が飲み会に行く」となると、他の女子との絡みや、帰りが遅くならないか心配になってしまいますよね……。

そんなときは、怒るのではなく、「心配する」のがポイント♡
嫉妬すると、どうしても怒ってしまいたくなるかもしれませんが、彼の負担になり、せっかくの飲み会も楽しめませんよね。

あくまで怒るのではなく、心配するようにしてください。

可愛い嫉妬と可愛くない嫉妬③彼の自由な時間を理解しよう

嫉妬の内容はほぼ、「自分以外の女子について」ですよね。
彼が他の女子と一緒にいるって思うと、不安になると思いますが、そういうときは「彼にお友達がいっぱいいて嬉しい♡」って思うようにしてみて!

彼にお友達がいないより、いっぱいいて遊んでくれていた方が彼女としても嬉しいですよね。
彼にだって遊ぶ時間が必要なんです♪

サークルやバイト、仕事上、自分だって男子と一緒にいなきゃいけない機会がたくさんあると思います。
彼にも楽しい時間を過ごしてもらいましょうね。

可愛い嫉妬と可愛くない嫉妬④自分に自信を持つことも大切

恋人出典:www.shutterstock.com

自分が気にしているほど、彼は他の女子のことを気にしていないんです。
彼は自分の彼女が1番に思ってくれているはずです♡

でもどうしてもネガティブになってしまうと、嫉妬してしまって、自分に自信がなくなってしまうものですよね。
自分に自信を持てば、彼に重い嫉妬をしないで済みます。

彼が自分のことを1番に思っていてくれていることを忘れず、それを自信に胸を張って生きましょう。

自分に自信を持ってみなさんも彼に可愛く嫉妬してみてくださいね。
ほどよく彼に自由の時間をあげることも大切なんです!