優美なジャパニーズガールに♡「やまとことば」を会話に取り入れて♪

LIFESTYLE

身た目美しい人ってとても素敵ですが、話してみると言葉遣いが汚かったり、頭が良いのに教養を感じられない人ってたまにいますよね。
そのような人は、他人に与える印象も悪くなってしまいます。
人間関係に支障をきたすことも出てくるかもしれません。
それに、もしママになった時、子供に間違った話し方や言い回しを教えてしまうことになります。
そこで今回は、日本人らしい、美しい言葉の使い方をマスターするために、「やまとことば」をご紹介します♪

そもそも「やまとことば」とは?

そもそも、「やまとことば」とは何かを知っていますか?
学校の授業などでサラッと取り上げられたけれど、詳しくは知らない……という人が多いのではないでしょうか。

やまとことばとは、広く言ってしまうと“日本固有の言葉”。外来語や漢語に対した、日本古来の言葉のこと。また、和歌や雅語、女房言葉(女性が使う言葉)のことを指します。

これらは、優美で上品な言葉遣いともされています♪

言語の乱れなども問題視されている今、「やまとことば」を会話に混ぜて美しい言葉遣いを実践してみませんか?
今回は、会話に取り入れても不自然に感じることなく、かつ優美さを与えるやまとことばをご紹介します♡

美しい「やまとことば」を会話に取り入れて① 思いのほか

「意外と〇〇だよね」「逆に良いかもね」「案外〇〇なんだね」などの表現は、日常でもかなり使っているでしょう。

ですが、これらの言葉を、「思いのほか」に変えてみましょう!

「意外と」「逆に」「案外」などの言葉は、相手に最初から期待していなかった、というニュアンスを含みます。
しかし、「思いのほか」という言葉を使うことで、予想以上の結果であったという、プラスのニュアンスを与えることができます!

言葉の選び方ひとつで、相手に与える印象は“思いのほか”左右されるのですね♪

美しい「やまとことば」を会話に取り入れて② この上なく

「これ超美味しい!」「めちゃくちゃ楽しかったね♪」など、強調を表す接頭語は若者言葉の代表格。

これらを、「この上なく」に変えてみましょう。
一気に上品な言葉遣いになりませんか?

「超」や「めちゃくちゃ」よりも、より気持ちが込められて、強調されている印象ですよね。
似たような言葉で「甚だ(はなはだ)」、「いたく」、「何より」などが挙げられます!

日常会話にさりげなくやまとことばを取り入れることができる女性、って、“この上なく”上品に感じますよね♡

美しい「やまとことば」を会話に取り入れて③ 心残り

「今日は雨で残念だね」「あの時のことを後悔している」など、過去のことを振り返る時、「心残り」という言葉を使ってみましょう。

日本人には、過去を懐古・美化する習性があります。
過去のことを生かし、今に繋げることができる日本人の特性は、世界に誇れるものでもあると言えます。

そういった中で「残念」、「後悔」などの言葉は多く使われるのです。
「心残り」という言葉に置き換えることで、過去のこともより良い思い出として残りやすくなるのではないでしょうか。

若いうちから美しい言葉を使って、“心残り”のない人生を歩みたいですね♡

美しい「やまとことば」を会話に取り入れて④ 恐れいります

「申し訳ございません」「大変恐縮です」などの言葉は、日常生活のみならず、ビジネスでも多く使われますよね。
それらを「恐れ入ります」という言葉に変えることで、謙遜の気持ちと奥ゆかしさを相手により伝えることができます。

日本人特有の「謙遜」の文化。
外国に行った際に“sorry”を多用する日本人が、とても不思議がられる原因です。

飲食店などでは店員さんから「恐れ入ります」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?
日本のおもてなしの文化も秘められている言葉ですね♪

少し強い口調で話してしまった後や盛り上がった後は、騒がしくしてしまい“恐れ入ります”とさりげなく言ってみましょう♡

美しい「やまとことば」を会話に取り入れて⑤ お手すきの時に

こちらはやまとことば上級編!中には、聞きなれない人も、いるはずです。

「暇だったらこれお願い」「時間あったらやっといて」など、相手に仕事などをお願いする時。
「お手すきのときに」という言葉を使うことで、相手も気持ちよく承諾できるのではないでしょうか♡

実はこの言葉、居酒屋や高級飲食店など“おもてなし”を重視するお店の従業員の間では、日常的に使われています。
仕事をするときも、効率性ばかりを重視せずに柔らかな心を持ち続ければ、職場の雰囲気もモチベーションも上げられるのです♪

5つのやまとことばをご紹介しましたが、意識をすれば、どれも日常会話に取り入れられそうですよね。
言葉遣い一つで相手に与える印象は大きく変わります♡
是非、やまとことばを使って内面から美しい女性を目指しましょう♪