人前で絶対に緊張しなくなる簡単な方法とは♡

LIFESTYLE

人前でお話をする時、どうしても緊張してしまう方もいらっしゃいますよね……。
どんなに深呼吸をしても、たくさんの人を前にして自分がなにかを伝えるとなると、「頭が真っ白!無理!!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、実は「あがってしまう根本の原因」は既に解明されているんです。つまり、解決法もあるということ!
今回は、新社会人の方も是非覚えておきたい「緊張しない簡単な方法」をご紹介します。

人前で緊張しない方法:とにかく練習・練習・練習!

「古典的!」と思うかもしれませんが、とにかく練習をすることが効果的です。

人前でなにかをプレゼンする時、ちゃんと練習をしていますか?

予め流れを考えておき、「こういう時はどうしよう」、「こんな時はどう対応しよう」、などと様々なパターンを予想して練習をする事で、自分に自信が持てるようになります。

自信の無さは、人前に出た時により緊張、焦りを加速させてしまいます。
自信を持つ事が出来れば、成功につながりますよ♪

また、話すときには、想いや気合をいれること!「どうしよう……」という弱い気持ちのままでは、話す相手には何も伝わりません。

話す目的は「緊張しないこと」ではなく、「相手に伝える事」がそもそもの目的です。
気合をいれて、想いを込めて話せば意外とスラスラ話せるものです!

人前で緊張しない方法:背筋を伸ばして、前を向く!

大切なのは「あがらないこと」よりも「自信がなさそうに見える」ようにふるまわないこと。

その自信のなさは、自然と相手にも伝わってしまいます。

「緊張する……」と、ずっと下を向いて話していては相手には何も伝わらず、緊張していた印象しか与えない事に。

まずは背筋を伸ばして、前を向いて「伝えたい」という気持ちをこめて言葉に出してみて。
それだけで印象も緊張感も全然違ってくるはずです。

人前で緊張しない方法:ゆっくりと話す

人は緊張すると、どうしても早口になってしまいがちです。

ゆっくりと話すことは、自分の中で話したいことを整理できるようにもなる効果もあります。

そして、聞いている相手にも伝えたいプレゼンなどの内容がしっかりと伝わるようになります。

話が止まってしまっても大丈夫!
意外と聞いている人は、止まってしまっても気にしないもの。その時には、ゆっくりと目の前の人たちを見回しながら深呼吸をしてみて。
深呼吸をすることで自然と自分の中で現状を受け入れられるようになり、緊張をしなくなります。

人前で緊張しない方法:伝えたい内容を把握する!

全てを「文章」にして、まるまる暗記して読んだとしても、本当に伝えたい事は伝わらないもの。

大切なのは、「何を伝えたいのか?」というのをハッキリさせることです。

このことを頭でしっかりと理解しておけば、言葉も自然と出てきます。

自信が持てないという方は改めて「何を伝えたいか?」ということを考えてみて。
自信が持てるようになれば、自然と緊張をしなくなりますよ!

今回ご紹介した方法は、誰でも出来る簡単なものばかり。
春から新しく新社会人になる方や、プレゼンが苦手…という方も是非試してみてはいかがでしょうか?