どれを選んだらいいの?効果別に厳選した【ヨーグルト】4つ♪

BEAUTY

ヨーグルトは今、健康食品として大注目されていますよね!
メーカーによって様々な種類が販売されていて、それぞれ特有の効果があります。
どれを選んだら良いのか、是非参考にして下さい。

美肌効果抜群!「明治ブルガリアヨーグルト」

特定保健用食品の承認を受けているヨーグルトといえば、「ブルガリアヨーグルト」です。
このヨーグルトにはLB81という乳酸菌が含まれています。

実はこの乳酸菌、皮膚機能の改善効果がすごいんだそう。
女性には嬉しい美肌効果があるとされているんです!肌荒れがなかなか治りにくい方はブルガリアヨーグルトがオススメですよ♡

さらに最近では、LB81に、長寿効果があると解明されたそうです。

免疫力アップ!「明治ヨーグルトR-1」

赤いパッケージで目立つ「明治ヨーグルトR-1」。入っている乳酸菌は、OLL1073R-1です。

OLL1073R-1には、ウイルス細胞をやっつけてくれる細胞を活性化してくれる効果があるそうです。つまり、インフルエンザや、風邪にかかりにくくしてくれるんです!ズバリ!免疫力改善効果が期待できるのです♡

実際に、山形県や佐賀県で小中学生や職員が給食などで摂取を続けた結果、インフルエンザの感染者が大きく減ったというデータもあるそうですよ。

腸内環境を徹底的に整えるなら!「ダノンビオ」

出典:www.danone.co.jp

やや他のヨーグルトよりも濃厚な食感の「ダノンビオ」。
「生きたまま腸まで届く」という高生存ビフィズス菌(BE80)が入っています。

このビフィズス菌は、胃酸や腸液にも強く、菌の生存率が高いところが特徴です。
CMで「まずは2週間チャレンジ」とあるように、便通を強く意識したヨーグルトです。

またプレーンだけでなく、白桃や、マンゴー、いちじく、ナタデココなど豊富なのも魅力です!

胃の健康を阻害するピロリ菌を撃退!「明治プロビオヨーグルトLG21」

出典:www.meiji.co.jp

「明治プロビオヨーグルトLG21」に使われている乳酸菌は、‘LG21”。この乳酸菌はほかのものと比べ、最も効果的にピロリ菌を減らすことができます。

胃の粘膜に生息している、らせん状をした悪い菌で、主に胃がん、胃潰瘍などの病気の原因になります。

胃酸の中でも生息できる生命力が強い悪玉菌です。
また、日本人の約50%以上がピロリ菌に感染しているとの調査結果もあるみたいです。

これらのリスクを減らすことができるのが「明治プロビオヨーグルトLG21」なんです!「お腹に優しい乳酸菌」と言われているのも納得です。

いかがでしたか?
ヨーグルトによってもこんなに効果が違うのです。ぜひ、身体の不調にあわせて購入するヨーグルトを変えてみてください。