筋力不足で脂肪がたる〜んっ!?「膝のたるみ」を解消する方法とは

筋力不足で脂肪がたる〜んっ!?「膝のたるみ」を解消する方法とは

BEAUTY

膝がスラッとしていると、脚が綺麗に見えますよね♡

実は“膝のたるみ”というのは、解消することが難しい部位の一つとして考えられています。
また、老いが出やすいパーツでもあるんですね。

そこで、“膝のたるみ”に頭を悩ませている方や、綺麗な膝をキープしたい方のために、膝がたるんでしまう原因や、実際にできたたるみの解消法をご紹介します♪

歳とともにたるんでしまう?膝の贅肉が気になる!

手や首などと同じように、実は膝も、年齢の積み重ねによって“老い”が出やすい部分なんです……。

脚が多少太くても、膝がスラッとしていると、脚全体が綺麗に見えますし、若々しくも感じるでしょう。

しかし反対に、スラッとした細い脚をしていても、膝がたるんでいたり、シワが目立ったりすると、ちょっとだらしなく見え、老けているようにも感じられます。

そのため、膝を隠したいと思うことで、ファッションにも影響が及ぶでしょう。
丈の短いワンピースや短パン、膝丈スカートも、座れば膝が丸見えになってしまいます。
年齢を重ねるにつれて、そういった服が着られなくなったという方もいるようですね。

コンプレックスを抱くこともある、“膝のたるみ”。

では、一体なぜ、膝がたるんでしまうのでしょうか?
“膝のたるみ”の原因をご紹介します。

膝のたるみの原因①筋肉の衰え

膝がたるんでしまう原因のひとつとして、おしりや太ももの“筋肉の衰え”が考えられます。

筋肉は、脂肪を支えています。
太ももや膝周りの筋肉が衰えてしまうと、脂肪を支える力も弱ってしまうのだそう。

そうして支えられなくなった脂肪は、下へ下へと垂れ下がってきてしまうのです。
これが、太ももの脂肪が、膝上がたるんでしまう一因となるんですね。

日本人は元々、筋肉が付きにくい体質なんだそう……。
そのため、膝のたるみに頭を悩ませている方が少なくないようです。

また、年齢を重ねると、筋肉量が減ってしまいがちなので、加齢に伴って膝の肉がたるむこともあるでしょう。

膝は関節部なので皮膚が薄く、本来はあまり脂肪が付いていない部位です。
だからこそ、膝上に脂肪が付いてしまうと余計に目立つんですね。

膝のたるみの原因②冷えやむくみ

冷え性の方だけに限らず、体が冷えてしまうと代謝が悪くなりやすいものです。

その結果、脂肪が落ちにくくなり、体に蓄積されやすくなります。

また、体が冷えると、体が縮こまり、筋肉が固まります。
これによって、ふくらはぎにある“筋ポンプ作用”が弱まり、血流が悪くなるんです。
脚がむくみやすくなり、膝がパンパンに膨れているように見えるでしょう。

重力を、普段あまり体感することはありませんが、人体は意外にも大きな影響を受けているんですね。
心臓よりも下にある脚は、体の中でもむくみやすい部位であるのは、そのためです。

脚がむくんでしまうと、だるくなるので、動くことが億劫になります。
それがさらなるむくみを招くといった、悪循環にもなるんです。

こうしたむくみは、慢性化しやすいもの。
慢性的なむくみを放っておいてしまうと、膝周辺に老廃物や脂質が留まりがちになり、膝周りに脂肪やセルライトが付いてしまう可能性が高まるんだそう!

脂肪であれば運動などで解消するかもしれませんが、固いセルライトになってしまうと、非常に落ちにくいんです。
むくみは放置しないように、気を付けたいですね……!

膝のたるみの原因③姿勢が悪い&運動不足

先ほど加齢によって筋肉量が減少しがちになるとご説明しました。
しかし若い人でも、運動不足だったり、急に運動をやめたりしてしまうと、筋肉量が減り、膝がたるんでしまう可能性が十分にあるんです。

また、姿勢が悪いことによって、膝がたるんでしまうこともあります。

“姿勢の悪さ”と“膝のたるみ”とは、どういった関係があるのでしょうか?

まず、歩き方や座り方、立ち方などの姿勢が悪いと、背骨や骨盤など、体のいたるところの骨が歪んでしまうんだそう……。

そして骨が歪んでしまうと、筋肉が担うはずの働きを、関節が補おうとするため、筋肉量が落ちる原因になるようです。

また、膝を伸ばし切らずに、膝を曲げて歩く癖も、筋肉量を減らしてしまう要因になるんだとか……!
ヒールを履く方にありがちな習慣なので、注意したいですね。

膝のたるみを解消する方法①リンパマッサージ

“膝のたるみ”を解消する方法は、たるんでいる原因に合わせて考え、対処しなければなりません。

膝周りにはリンパ節があります。
リンパ節というのは、リンパ液を集める器官。
そのため、膝周りに老廃物などが溜まりやすいのです。

リンパマッサージをすると、リンパの流れが良くなり、ダイエット効果など様々な効果に期待できるそう。もちろん、むくみにも効くようです。

むくみで膝がパンパンになってしまっている方は、リンパマッサージを行うとスッキリするはず!

ここで、簡単なリンパマッサージの方法をご紹介します!

①床に座り、足の指先、足の裏、足の甲を、揉み解すようにマッサージします。
②足首を10回、回します。
③両手をグーにして、くるぶしの上から付け根に向かってリンパを流すように、足の側面をマッサージしていきます。
④反対側の足も同じように行います。

肌の滑りが悪いと、必要以上に力が入ったり、肌を摩擦で傷つけてしまったりする恐れもあります。
ボディークリームやオイルなどを使用すると良いでしょう。
同時に保湿もできますよ♡

また、お風呂に入っている時や、お風呂上りに行うと効果が高まるようです!
毎日の習慣にもしやすいので、おすすめですよ。

膝のたるみを解消する方法②ストレッチ

膝のたるみを解消するために、ストレッチも頻繁に行いましょう。

筋肉が硬いと、血管やリンパ節が圧迫されて、血流やリンパの流れが悪くなったり、筋肉の柔軟性が低くなってしまったりします。
これによって、筋肉を傷めやすくなるのです。

ストレッチを行えば、筋肉をほぐせ、柔らかくなりますよ。
リンパの流れや血流が改善し、体の冷えからも解消されるでしょう。

下記は、おすすめのストレッチ方法です。

①片足だけ、正座するときのように曲げて座ります。
②息を吐きながら、そのまま体をゆっくり後ろに倒し、仰向けになります。
③深呼吸しながら10秒キープします。
④反対の脚も同じようにストレッチします。

できる方は、片足ずつではなく、正座した状態からそのまま後ろに倒れて、両足を同時に伸ばしてもOKですよ♪

膝のたるみを解消する方法③スクワット

筋肉量が少ないために、太ももの脂肪が膝上にたれてきてしまった方には、筋トレもおすすめです。

筋トレには様々な方法がありますが、できれば道具もいらず、テレビを見ながらでもできる、手軽なものの方が続けやすいですよね。

そこでここでは、スクワットの方法をご紹介します。

①足を肩幅に開き、両手を真っ直ぐ体の前に出します。
②ゆっくりと膝を曲げ、膝が90度になったところで、5秒間停止します。
③ゆっくりと腰を上げて、もとの体勢に戻します。
④これらを10回繰り返します。

キツイようでしたら、秒数や回数を減らして、無理をしないでくださいね!
反対に楽に感じたり、慣れてきたりしたら、回数を増やしていっても構いません。

膝のたるみを解消する方法④空気椅子

もうひとつ、筋トレとしておすすめするのが、空気椅子です。

「キツそう……!」と思われがちですが、やってみると意外と続けられるもの♪
ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

①背中を壁に付けます。足を1足半から2足分くらい、壁より前に出します。
②背中を壁に付けたまま、ゆっくりと腰を下ろします。
③膝が90度になったところで、30秒から1分間程キープします。
④これらを10セット繰り返します。

空気椅子もスクワットと同様に、無理をしないように負荷を調節しながら行ってください。
急に頑張りすぎると、筋肉痛になったり、関節を痛めたりするでしょう。

膝のたるみを解消する方法⑤歩く量を増やす

歩く量を増やすと、筋肉量の低下を妨ぐことができるでしょう。

また、ウォーキングを習慣にすれば、むくみ予防にもなるようです。

普段、歩ける距離に対して、時間がかかったり、面倒くさかったりすることを理由に、自転車を使っている方も多いでしょう。

そうした方は、買い物や駅までの距離を、徒歩にシフトするだけでも、効果を期待できそうです。

徒歩での移動が困難で、電車や車移動が多い方などは、早朝にウォーキングを行うなどすると気分転換にもなります。
しかも、自律神経も整うようになるといわれていますよ♪

しかし、既にむくんでしまった脚に対しては、普通に歩くだけでは効果をあまり期待できないそう。
競歩のように、やや早歩きで、筋力を使いながら歩くことがコツです。

膝のたるみを解消する方法⑥エステサロンや美容外科クリニックへ相談を

色んな方法を試したけれど、なかなか膝の上の脂肪が解消されない場合や、自分の力だけは続けられないという方は、エステサロンや美容外科クリニックへ相談することをおすすめします。

エステサロンでは、美脚コースや、脚痩せコースなどといった名前で、マッサージや専用機器を用いた施術を行ってくれるサロンがあるようです。

体験やキャンペーンを行っていることもあるので、まずはお試しで利用してみると良いかもしれませんね♡

美容外科クリニックでも、脚のむくみや膝上の脂肪・たるみに対して相談すれば、適切な対応方法や施術方法を案内してくれるでしょう!

ストレッチや筋トレなどの方法をご紹介しましたが、膝のたるみに対して即効性があるわけではありません。
いずれも、コツコツと地道にやり続けることで効果が期待できるものばかりなんですね。

あまり気を張り続けるとストレスになることもありますので、無理のない程度に継続すると良いでしょう♪

自分の体質や性格、またライフスタイルに合ったやり方で実践することをおすすめします。
スッキリ膝を手に入れて、美脚を目指しましょう♡