《大切な関係と体を守りたい。》タトゥーを消す方法はあるの?

Cover image: weheartit.com

日本においてのタトゥー人口は、約1%といわれています。
海外に比べると、マイナーといえるかもしれませんね。

また、温泉に入れなかったり、偏見があったりと、特に日本社会においてはさまざまなデメリットがあることも事実です。

ファッション感覚でタトゥーを入れても、そのような差別や偏見に直面することによって除去することを考える人も多いようです。

そこで今回は、タトゥーを除去したくなった時に、考えたいことについてご紹介します。
現在タトゥーを消すことを考えている人だけでなく、これからタトゥーを入れようと思っている人にも、参考になるかもしれません♪

目次

年々増加している?タトゥーを入れる日本人

weheartit.com

タトゥーを入れる日本人は、ここ最近増加しているようです。

ファッション感覚で入れる人が多くなりました。
社会人や学生でも簡単に入れられるようになり、タトゥー人口が増えてきたのでしょう。

また、海外では多くの人が体にタトゥーを入れており、さらにはそれを隠すこともあまりないため、よく目にする機会がありますね。
特に、スポーツ選手が入れているのを見かけたことがあるでしょう。

それらのイメージが強く、海外ではタトゥーがオシャレとして浸透していると思われがちです。
でも実は、海外でもタトゥーを除去する人が急激に増えているんだそう。

日本でもタトゥーを入れる人が増えることに比例して、除去したいと悩む人が増えてきているのです。

海外と日本のタトゥーに対する認識の違い

weheartit.com

日本ではまだまだタトゥーは、ファッションというよりも「刺青」というイメージが強いでしょう。
そのため、反社会的な人物と受け取られて、批判の対象となるケースも少なくないです。

海外ではファッションであったり、主義主張を表現したりする目的で、タトゥーを入れる人が多いでしょう。
また、「体を使ったアート」としても認識されていて、写真展が開催されることもあるんですよ。

民族によっては、伝統的なものである場合もあります。

海外の場合は、日本と違って好意的に受け入れられていると思っている人が多いようです。
しかし、海外の場合でも日本ほどではありませんが、多くの国や地域ではタトゥーの社会的な位置付けは、決して良いというわけではないんだとか……。

タトゥーを消したくなる理由

weheartit.com

タトゥーを消したいと思う時期は、就職や結婚などのライフスタイルの変化の時期に一致するようです。

もちろん、タトゥーが受け入れないような会社や職種を選びたくない、タトゥーが影響するような相手との結婚は考えられない、と言う人もいるでしょう。

でも、タトゥーよりも、魅力を感じられる仕事や結婚相手と出会った人は、「タトゥーを消したい」と思うようです。

また、父親や母親にタトゥーがあることが周囲に知られると、子どもがイジメにあうといったケースもあるようで、子どものために消すことを決意する人もいるそう。
子どもと一緒に温泉やプールに行きたいと思う人も、同様です。

その他には、若い頃とは好みや感性が変わって、デザインが嫌になってしまったり、タトゥーそのものが嫌になってしまったりして、消そうとする人もいるようです。

タトゥーを入れるときは、将来のことも考慮する必要がありそうでね。

すでにタトゥーを入れていて、それを隠したい人は、この後にご紹介する、タトゥーを隠す方法をチェックしてみてくださいね。

タトゥーを隠す方法①メイクやコンシーラー

weheartit.com

首や手などの、衣服で隠せない部分は、コンシーラーやファンデーションなどのメイクで隠す方法が最適でしょう。

まずメイクのりが良くなるよう、タトゥーをしている部分の肌を清潔にします。

自分の肌のトーンよりも、いくらか明るめのコンシーラーを、タトゥーよりも少し広範囲に塗ります。

この時点ではタトゥーはまだ見えていると思いますが、1~2分ほどそのままにして、コンシーラーを乾燥させましょう。

コンシーラーが乾いた後は、ファンデーションを塗ります。
ファンデーションはリキッドタイプかクリームタイプのものが良いでしょう。
自分の肌に合う色味を選んでくださいね。

ファンデーションが、肌のトーンと均等に調和すれば、タトゥーは見えなくなるはずです。

1分ほどファンデーションを定着させて、ヘアースプレーを少し噴きつけましょう。
ファンデーションの上に膜ができるので、衣服などで落ちたり、衣服が汚れたりすることを避けられます。

また、タトゥー専用のコンシーラーも市販されているんですよ。
メイク用のコンシーラーではうまく隠せないという人は、専用のコンシーラーを利用してみてはいかがですか?

タトゥーを隠す方法②衣服

weheartit.com

背中や胸・腰・太ももなどの、衣服で隠せる部分なら、問題なく衣服で隠すことが可能です。

腕や足首などでも衣服で隠すことは可能ですが、長袖やフルレングスのパンツでないと隠せないので、常に隠すということは難しいでしょう。

また学生だったり、制服を支給されている職場であったりすると、デザインによっては隠せないこともあるかもしれません。

夏に長袖を着ていると、不自然さもあるかもしれませんね。

とはいえ、タトゥーをしていることが周囲に知られないようにするには、衣服で隠すことが一番無難な方法でしょう。

続いては、タトゥーを消す方法をご紹介していきます。

タトゥーを消す方法①除去クリーム

weheartit.com

タトゥーを消すことができる「除去クリーム」が、カナダで開発されたそう。
あと一歩で商品化できるともいわれています。

徐々にタトゥーを薄く消し去るクリームです。
色素などを貪食(どんしょく)する性質をもった細胞に、働きかけるそうです。

タトゥーが施されている部分のみに作用するといわれています。
正常な皮膚部分に作用することはなく、炎症のリスクは低いようですね。

つまり、本当に除去できるなら、タトゥーを消したいと思う人にとっては、待望のアイテムでしょう!

しかし、現状でこれほど大変なタトゥーの除去が、本当にクリームで簡単に除去できるようになるのか、と疑問視する声があるのも事実です。
発売されたとしても、しばらく利用者の口コミなどを確認して、吟味する必要があるかもしれませんね。

タトゥーを消す方法②美容外科クリニック

weheartit.com

隠すのではなく本格的に、「消す」となると、クリニックで施術することになるでしょう。

施術名としては、レーザーや切除手術、皮膚移植、削皮といったものがあるようです。

主なクリニックをご紹介します。

◆東京イセアクリニック
オーダーメイド治療を目指すクリニックです。新宿と銀座に院を構えています。
無料写メールカウンセリングを受けているそうなので、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

◆新宿中央クリニック
無料カウンセリングを受けているクリニックです。
新宿に院を構えています。

◆湘南美容外科クリニック
メディアにも多数紹介されている、有名なクリニックです。
全国に52院を展開しています。
安心保証制度を採用しているため、まずは肌状態を診せて、アドバイスを受けてみませんか?

タトゥーを消す際の注意点

weheartit.com

タトゥーを消すということに、どのような注意点があるのでしょうか?

注意点としては、治療法によってはそのまま傷跡が残る可能性があることです。

また信用できない施設も中にはあるようで、ありもしない効果を断言したり、治療費がかさんだりすることもあるでしょう。

施術後の肌状態や注意点など、細かなところまで説明してくれる施設を選ぶことが大切ですね。

タトゥーを消す費用は、決して安くないでしょう。
もちろんそれは施術方法によっても異なります。

タトゥーの状態をカウンセリングなどでしっかり診てもらい、最適な方法を提案してもらいましょう。

タトゥーを消すと得られるメリット

weheartit.com

女性の場合、先述した通り、結婚や出産を機に、タトゥーを消すことを考える人が多いようです。

消すことによって得られるメリットはとても多いようですね。
偏見の目で見られることがなくなり、温泉やプールなどにも自由に行くことができるでしょう。

また、隠す必要がなくなるのでファッションの制約もなくなります。

結婚に伴って、ウェディングドレス選びに困るという心配もなくなります。
相手の家族や親族に悪い印象を与えるのでは?といった不安からも解消されるでしょう。

またタトゥーを消すと、「自由」を感じる人が多いそうです。
元々タトゥーを入れていない人にとっては当たり前の生活ですが、タトゥーが有る無しを経験した人にとっては、新たな価値観が生まれるのでしょう♡

タトゥーを入れることを検討している方へ

weheartit.com

ファッション感覚で、タトゥーを入れる人が増えていることは、事実です。

同じ価値観の人たちの中で生きている時には、その必要性に駆られる時もあるかもしれませんね。

しかし、環境が変わり、就職や結婚などで自分のため、家族のために消すことを考える人や、自分自身の価値観が変わって消したいと考える人もいるのです。

また、タトゥー賛成派の人がよく、「日本はタトゥー文化に遅れをとっている」と言いますが、海外でもけして、タトゥーに対して偏見がないとは言えないようですね。

実際にタトゥーに対して自由なイメージが強いアメリカでも、就職や結婚がダメになってしまうことも珍しくないようです。

これからタトゥーを入れようと考えている人は、入れる時には「消すわけがないから自分には関係ない」と思うかも知れません。

しかし、今一度冷静に、年間どのくらいの割合で消している人がいるのか、消すことがどれほど大変なことかを把握しましょう。
タトゥーを入れるメリットとデメリットをよく考えて、検討してみてくださいね。
タトゥーのへの差別や偏見が厳しいと思われている日本ですが、実際は、各国共通であることやタトゥーを入れること、消すことにリスクがあることをご紹介しました。

タトゥーを消すことは、とても大変なんです。治療に励んでも、完全に消える確証もないのです。
もし、タトゥーを消そうと検討されている場合には、最善の方法を見つけましょう。
それには、自己判断や料金で安易に施術を受けるのではなく、専門家の意見を取り入れて考えることが大切ですよ。
一人で思い悩まずに、相談してみてくださいね。



【関連記事】タトゥーが消えた!けど、傷跡は残ってしまうの?綺麗になる?

多くの費用と時間を掛けて除去したタトゥー。大小の差はあっても傷跡は残ってしまいますよね...

タトゥー 消す 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小林 亜樹

素敵なカフェ・レストランや旅行が大好きです。
以前は航空会社で勤務していました。現在はモデル…

>もっとみる