「スプリングスレッドリフト」は施術方法も簡単!日帰り可能なんです♪

BEAUTY

お顔のたるみが気になりフェイスリフト手術を受けたいと思っていても、仕事や学校などを考えると長期休暇でも行うのが難しい……と悩んでいませんか?
そんな方におすすめのリフトアップ法が「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」です。メリットからデメリットまできちんとお伝えします!

簡単にリフトアップ!「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」って何?

「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」とは、皮膚の切開が必要のない針と糸で行われるリフトアップのことです。

髪の毛よりも細い医療用の吸収性がある糸を針と共に皮膚に挿入し、針だけを抜き取ることで糸を皮膚下に残します。

皮膚下に残された糸が、吸収される過程で血管や真皮層を刺激し続け長期的にコラーゲンを生成し、ハリやツヤの肌質改善や引き締め効果を得ることができるのです!

簡単にリフトアップ!「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」の施術時間

簡単にリフトアップが叶う「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」の基本的な手順は、どの部位のリフトアップを希望しているのかで必要な糸の本数を決めます。

麻酔クリームを塗布後、糸を皮膚に挿入します。必要な糸の本数は部位と広さによって変りますが、1部位で約30本、フルフェイスで約100本です。

フルフェイスの施術でも1時間前後で終了し、入院の必要はもちろん無く、名前通り買物感覚で施術できてしまうリフトアップというわけなのです♪

簡単にリフトアップ!「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」ダウンタイムは?

簡単にリフトアップができる「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」と、従来のリフトアップの大きな違いは、施術の際の傷の大きさです。

スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)は、メスではなく針を使用するためダウンタイムはほとんど無いと言われています。
切開法のリフトアップのように長期の休暇は必要ではありませんが、フルフェイスの施術をした場合は針を刺す回数が多くなるので、人により手術当日〜2週間程腫れや赤みが出る場合も。

シャワーは当日から、お化粧は翌朝からOKというクリニックが多いので、スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)は忙しい方にはおすすめの方法ですね♪

簡単にリフトアップ!「スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)」デメリットも。

メスを使わず簡単にリフトアップができ、体内に異物を残さないので安全性が高いとされているスプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)にもデメリットがあります。

スプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)の1番のデメリットは、持続期間が1〜2年とされている点。
吸収性の糸は約8ヶ月後に消失してしまうので、定期的に施術を受ける必要があるのです。

また稀ですが、人によってはアレルギー反応を起こす場合もあるので、その点をしっかり説明してくれるクリニックだと安心して施術を任せることが出来ますね♡

今話題のスプリングスレッドリフト(ショッピングスレッド)についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
簡単にリフトアップができ、安全性の高い方法ではありますが、やはり1番大切なことは信頼できるお医者さんに相談するということ。
費用もクリニックによって様々ですが、安心して安全に施術を受けられるクリニックが何よりも大切ですよ♪