実は相手を見下している!?他人を褒めまくる人間の心理とは

LIFESTYLE

人の素敵なポイントを、素直に褒めることができるっていいことですよね♡
さりげなく相手のことを褒めることができるのは、男女ともに好感度が高いポイントになります♪
しかし、不自然だったり、やりすぎは良くありません!
今回は、そんな褒めまくる人の心理について考えてみました。

褒めまくる人間の心理①相手を褒めるイコール見下している!?

オーストリア出身の心理学者、アルフレッド・アドラーは、他人を褒める行為は他人を低く見ている行為だとしています。

これは他人を褒めることによって、縦の関係が出来上がるという考えで、人が他者をほめるとき、その目的は「自分よりも能力の劣る相手を操作することである」そう。相手を褒める人間は、無意識にそういった行動をとる傾向にあるんだとか。

このようなアクションに、感謝や尊敬などは全く存在しません。

褒めまくる人間の心理②八方美人

褒めまくる人間の心理として、相手とのコミュニケーションを上手くとるために、とりあえずいい気分にさせておけばいいと考えていることもあります。

本人は無意識かもしれませんが、悪く言うと媚びを売っているだけです。相手にとって害がない人間であることをアピールすることで、本人はうまく立ち回っていると思っているかもしれませんが、周りから見ればただの八方美人です。

そんな人間は、褒めることで仲良くなれるとコミュニケーション能力を勘違いしています。

褒めまくる人間の心理③自分が褒められたいから褒める

相手を自分から褒めることで、次は自分が褒めてもらえる……つまり、結局は最初から自分が褒められたいだけという下心からの行動。

友人でもない人間があなたの結婚や出産の御祝いを勝手に渡してきて、後になって相手から要求されたことはありませんか?

結局は全て自分に返ってくると思っているからこそ、あなたに優しい言葉をかけているんです。

褒めまくる人間に対する対処法とは?

褒めてもらったら大きく謙遜したり、相手を褒め返して「褒めあい合戦」にするのは得策ではありません。素直に「ありがとうございます」と受け取りましょう。

何でもかんでも褒める人間は、褒めてみた後のリアクションを見て、今後の付き合いを判断している場合もあります。もし「自分より下だな」と判断されてしまうと、あなたはずっと見下されながら会話することになってしまいます。

やたらと不自然に褒めてくるのは「何を考えているの?」「下心があるのでは?
」と裏読みしてしまいますが……下手に謙遜せずに「ありがとうございます」と笑顔で対応するのが無難です。

謙虚な方も「本当ですか?自分はそうは思わないけれども、気持ちは嬉しいです」と返すのがベターです♪

他人を褒めまくる人間の心理について、ご紹介しました!
みなさんも学校や職場で1人は出会ったことがあるのではないでしょうか?
自分ではなかなか気付かないものかも知れませんが、やたらと人を褒めるのも不自然で「何か言葉の裏に別の意図があるのかも?」と警戒されてしまいますので、癖になってしまっている方は要注意です。
せっかくコミュニケーションを取ろうと思っているので、勘ぐられてしまってはもったいないですよ!

唇、目、ほっぺ……触る顔のパーツでわかる!あなたの深層心理って?