男性の言えない5つの本音。「かわいいね」「わかってるよ」は嘘?

LOVE

恋愛において、男性は女性になかなか本音が言えない傾向にあるようです。
「知っていれば嫌な思いをさせなくて済んだのに……。」なんていう事態にならないためにも、男性が思っている可能性が高い本音を覚えておきましょう。
男性からすると難しい女心ですが、意外と“男心”も、女性からすると難しいんです。

女性には言えない男性の本音①「かわいいね」は嘘

男性が女性に対して口にする「かわいいね」のセリフ。
やっぱり女性は男性から「かわいいね」と褒められるのはうれしいので、思わずテンションが上がってしまいますよね。

しかし実はこのセリフ、嘘であるケースも多いんです!
男性は、隙あらば女性をモノにしようと考えています。

本音は“すっぴんよりはマシ”レベルのものなのに、口に出すのは「かわいいね」のセリフ……。
悲しいですが、これが現実です。

このセリフを真に受けて、舞い上がらないように注意しましょう。

女性には言えない男性の本音②「デート代は男性が払うもの」とは思っていない

女性がつい勘違いしがちなのが、“デート代は男性が払う”という固定概念。
確かに初めのデートでは、多めに払おうと考えている男性も多いです。

しかし初めにおごったり、多く払ったりしたがゆえに、二回目以降も言い出せず、もどかしい思いをしているのが、男性の言えない本音なのです。

そして、当たり前だと思ってしまっている女性は、徐々に多く払ってくれている男性に対して、感謝の気持ちを口に出さなくなってしまいがち。
これに対して不満を抱えている男性はたくさんいるはず。

「いつもありがとう」の一言を欠かさないのはもちろん、「この間多く払ってくれたから、今日は私がごちそうするよ♪」や、「割り勘にしない?」などのセリフを自ら口にしてみましょう。

それができると、男性も「気を使ってくれているんだな」と、あなたにますます好感を持ってくれるはずです♡

女性には言えない男性の本音③“頼られてこそ!”ばかりじゃ辛い……。

男性は、意中の女性に気に入られるべく“強い自分”を頑張って演じています。
しかし実際ふたを開ければ、男性のメンタルよりも女性のメンタルの方が強いのが、男性の言えない本音。

それに気づかずいつでも男性を頼っていると「俺だって本当は甘えたいのに」なんて不満をためてしまうのです。

その気持ちを分かってあげられないと、本当の自分をわかってもらえない相手だと思われてしまい、あなたとの関係に終止符を打とうとするかもしれません。

女性には言えない男性の本音④面倒くさい時に口にするのが「わかってるよ」の一言

男性と女性は、本質的に違うので、話し合いをしたりケンカをしても、分かり合えないこともあります。

しかしケンカの後に、必ず「わかってるよ」という彼。
これは、本当は何もわかっていない可能性が高いというのが、男性の言えない本音です!

これ以上言い合いをするのは面倒だと思い、思わず口から出るのが「わかってるよ」の一言なのです。
そして、さも分かっているかのような態度をとることで解決しようとしているのです。

女性には言えない男性の本音⑤大丈夫じゃなくても「大丈夫!」と言ってしまう

男性の口から出る「大丈夫!」の一言。
これも、実は「わかってるよ」と同様のセリフです。

本音では大丈夫だという確信がなくても、そのことは言わないようにし「大丈夫!」と口にしてしまう男性は、非常に多いもの。

女性に「大丈夫!」と声をかけると、器の大きな男性に見られると思っているのです。
このセリフに惑わされて、1から10まで信用しきってしまうと危険な場合もあるので、現状をよく把握しておきましょう。

いかがでしたか?
「そういえば、彼も口にするな……」と思うセリフが含まれていたのではないでしょうか。
決して、あなたとの関係をおろそかにしたいわけではありません。
理解できない女心を掘り起こさないのと同様に、“私たちも男性の言えない本音”を掘り起こさず、頭の中では理解しておけるようにしましょう。